同音異表記の名字集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 名字と地名の漢字読み
古語はおもしろい  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 読みから考える名字と地名

■ あいかわ: 「愛川」「相川」「合川」「哀川」

■ あおき: 「青木」「大木」「木」「青樹」「葵木」「仰木」「青黄」「青鬼」「青城」「蒼樹」「蒼輝」

■ あきば: 「秋葉」「秋場

■ あくつ: 湿地や荒れ地を意味する。「阿久津」「」「安久津」「飽津」。「明智(あけち)」は「あくつ」と同じで湿地や荒れ地を意味する。「悪土」「悪地」→「明地」「明知」「明智」に転じた。

■ おだい: 「小田井」「尾台

■ あだち: 「安達」「阿達

■ あつみ(あずみ): 「安曇」「阿曇」「厚見」「厚海」「厚見」「羹見」「渥美」「渥味」「安積」「熱見」

■ あべ: 危辺(あべ)から安辺(あべ)に。あべとは、崩れたり、洪水地帯を示す。 → 阿部・阿倍・安倍・安部

■ あらい: 「新井」「新居」「荒井」「荒居」「表井」

■ ありた: 和歌山県有田は昔は在田と書いた。木(紀)の国在田郷。有田の語源、荒田、墾(はり)田、有田。有田は弘法大師の伝説による。

■ あんざい: 「安斎」「安齋」「安齊」「安斉」「安西」「安在」「安才」「安済」「安細」「安財」

■ いちかわ: 「市川」「市河」「一河」。その国や郷を流れる第一の河のこと。二河(二つの河の合流)、三河(三つの河の合流)もある。

■ いとう: 「伊藤」「伊東」「以東」「井藤」「井東」「伊島」「伊豆」「井島」「依藤」「居藤」

■ うきた: 「浮田」「宇喜多」「宇喜田」
・  浮田秀家→宇喜多秀家
・ 「うきた」で有名なのは児島湖を控えた岡山周辺。
・ 浮気という名字は浮田→浮とし、浮では名字らしくないと浮気にした。

■ うさみ: 「宇佐美」「宇佐見」「宇佐神」「宇三美」「卯佐美」「宇佐~」
・ 静岡県伊東市の地名由来(伊豆国田方郡宇佐美)
・ 宇佐美は宇佐見
・ 宇佐美宇佐は宇沙で砂のこと。みは美称。

■ うす: 例えば、渦族の人を「うず・うす」とあだ名で呼んでいた。渡来人は文字を知っていたので、「うす」と呼ばれて、「薄」の字を当てて、自分を「うすい」「すすき」と名乗るようになった。和銅6年の好字令の二字制で「薄井」「鈴木」などの佳字を用いた。

■ おおば: 相模国高座郡大庭郷をルーツとする。大庭の「バ」はもともと「庭」のことで、もとは「おおにわ」と呼み、神を祀る特別な広場を意味する。大庭大場、大葉、大羽、大波、男庭など。

■ おかだ: 「岡田」「丘多」「丘田」「岡多」「岡太」

■ おじか: 「小鹿」「男鹿

■ おだ: 「織田」「小田」「尾田」「御田」「緒田」「於田」「押田」「小多」「生田」「折田」

■ かきざき: 「柿崎」「垣崎」「蠣崎」。垣崎の原意は土塀。柿崎は神の宿る木。

■ かたやま: 「片山」「堅山」「喜多山」

■ こが: 「古賀」「古閑」。古代語の「空閑(くが)」由来。荒れ地を意味する。古賀とは、平安時代に、荒蕪地を朝廷が接収し、貴族に下賜した土地を空閑と称していた。空閑が古賀に転じたもので古閑も同じ。ひょっとして、「加賀=古閑」か?

■ こやま: 「小山」「児山」

■ こん: 「」「」「」「

■ こんどう: 「近藤」「金藤」「今東」「今藤」「今道」「近堂」「根東」「紺藤」

■ さいとう: 「斎藤・齋藤・斉藤・齊藤」「佐囲東」「西塔」「才藤」「西藤」

■ さかもと: 「坂本」「阪本」「坂元」「阪元」「酒本」

■ ささき: 「佐々木」「佐佐木」「沙沙貴」「笹木」「篠木」「佐々希」「佐々貴」「佐々城」「佐咲」「佐崎」「笹城」「笹生」「篠笥」「鷦鷯」

■ しば: 斯波、紫波、司馬、志場など。

■ しぶ: 「渋い」。金気のある川。上流から「渋谷」「渋沢」「渋川」「渋江」

■ しみず: 「清水」「志水

■ そが: 「蘇我」「曽我」「十川」「十河」「宗宜」「宗岳」「宗賀」

■ たけうち: 武内 ・ 竹内 ・ 建内

■ どい: 「土井」「土肥」「土居」「戸井」「渡井」

■ なら: ならす、が語源。奈良、中良、乃楽、南良、名良、奈良、楢、那羅、那良。
丹羽センセ曰わく、朝鮮語の「ナラ(国)」に無理に結びつけることはない。

■ はなわ: 周囲より小高いところを意味する。「塙」「花輪」など。

■ ほんだ: 本田 ・ 本多 ・ 誉田

■ まつ: 「松」。漢字を分解すると「十八年待てば公になる」を意味する。公とは出世。

■ みうら: 三浦 ・ 水卜

■ みよし: 「よい所」の意味。三好、三次、美吉、三善など。

■ 【新説 日本人の苗字とその起源】 宮内則雄 著

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示