地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 消えた地名
名字由来の地名集  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■  

★ 

■ 阿井(あい): 島根県仁多郡奥出雲町阿井
■ 阿井(あい): 徳島県那賀郡那賀町阿井
■ 相生(あいおい): 兵庫県相生市
■ 愛甲(あいこう): 神奈川県厚木市愛甲(愛甲郡)
■ 相去(あいさり): 岩手県北上市相去町
■ 粟生(あお): 千葉県山武郡九十九里町粟生
■ 青葉山(あおばやま): 宮城県仙台市
■ 青柳(あおやぎ): 山梨県南巨摩郡富士川町青柳町
■ 青柳(あおやなぎ): 富山県富山市青柳
■ 英賀(あが): 兵庫県姫路市飾磨区英賀
■ 赤城(あかぎ): 群馬県甘楽郡赤城
■ 英賀荘(あがのしょう): 岡山県
■ 吾野村(あがのむら): 埼玉県飯能市吾野
■ 赤羽根(あかばね): 千葉県勝浦市赤羽根
■ 赤帽子山(あかぼうしやま): 香川県
■ 秋保(あきう): 宮城県仙台市太白区秋保町
■ 「秋田」の地名
■ (あくつ): 茨城県水戸市圷大野。茨城県東茨城郡城里町(上・下)圷。
■ 上尾(あげお): 埼玉県上尾市
■ 明戸(あけと): 埼玉県深谷市明戸
■ 明海(あけみ): 千葉県浦安市明海
■ 厚狭(あさ): 山口県山陽小野田市厚狭
■ 朝霞(あさか): 埼玉県朝霞市
■ 浅賀井: 愛知県
■ 朝立(あさだち):  福島県河沼郡会津坂下町
■ 朝立村(あさだてむら): 千葉県
■ 「浅野」の地名
■ 朝丸(あさまる): 山形県
■ 足利(あしかが): 栃木県足利市
■ 足立(あしたて): 宮城県柴田郡村田町足立
■ 葦名郷: 神奈川県
■ 足助荘: 愛知県豊田市足助町。鎌倉時代から三河国加茂郡にみられた荘園名。尾張源氏浦野重遠の子山田重直の第6子右兵衛尉重長が初めて足助氏を称した。
■ 安曇(あずみ・あづみ): 長野県松本市安曇、長野県安曇野市。
■ 朝来(あせく): 京都府舞鶴市朝来西町(あせくにしまち)
■ 「足立」の地名
■ 「厚木」の地名
■ 我孫子(あびこ): 千葉県我孫子市
■ 油日(あぶらひ): 滋賀県甲賀市甲賀町油日
■ 油壺(あぶらつぼ): 神奈川県三浦市
■ 「阿部・阿倍・安部・安倍」の地名
■ 「阿保」の地名
■ 「甘木」の地名
■ 余子村(あまりこそん): 鳥取県境港市
■ 阿見(あみ): 茨城県稲敷郡阿見町
■ 綾部(あやべ): 京都府綾部市
■ 綾小路(あやのこうじ):  京都府京都市下京区西綾小路
■ 有壁(ありかべ): 宮城県栗原市金成有壁
■ 「粟島」の地名
■ 「あわら」の地名
■ 安斎小路(あんざいこうじ): 神奈川県
■ 安中(あんなか)
■ 安城(あんじょう): 愛知県安城市
■ 安房(あわ): 一般的には「あわ」読みだろうが、以下のような読みもある
# 安房(あんぼう)
# 安房(あぼう): 長野安房峠
■ 安行(あんぎょう): 埼玉県川口市安行
■ 伊井(いい): 福井県あわら市伊井
■ 伊井(いい): 愛知県田原市伊川津町伊井新田
■ 「飯田」の地名
■ 飯坂(いいざか): 福島県福島市飯坂町(いいざかまち)
■ 井伊谷(いいのや): 静岡県浜松市
■ 伊賀町(いがちょう): 栃木県佐野市伊賀町(いがちょう)
■ 伊香保(いかほ): 群馬県渋川市伊香保町伊香保
■ 「五十嵐」の地名五十嵐の名字の由来
■ 生土(いきど): 静岡県駿東郡小山町生土(いきど)
■ 伊佐江(いさえ): 山口県防府市伊佐江町伊佐江
■ 諫早(いさはや): 長崎県諫早市
■ 「石」の地名
■ 石下(いしげ): 旧茨城県結城郡石下町(現常総市)
■ 伊自良村(いじらむら): 現岐阜県山県市
■ 井尻(いじり): 島根県安来市伯太町井尻
■ 伊須(いす): 鹿児島県奄美大島
■ 伊砂(いすか): 静岡県浜松市天竜区伊砂(いすか)
■ 夷隅郡(いすみぐん): 千葉県夷隅郡
■ 伊勢(いせ): 福井県大野市伊勢
■ 井関(いせき): 茨城県石岡市井関
■ 伊勢崎(いせさき): 群馬県伊勢崎市
■ 板取(いたどり): 岐阜県関市板取
■ 板橋(いたばし):  神奈川県小田原市板橋
■ 板鼻(いたはな): 群馬県安中市の旧中山道の板鼻宿
■ 櫟野(いちうの): 滋賀県甲賀市甲賀町櫟野
■ 櫟野(いちの): 福岡県大牟田市櫟野
■ 一関(いちのせき): 岩手県一関市
■ 「一色」の地名
■ 厳島(いつくしま): 広島県
■ 出田(いでた): 熊本県菊池市出田
■ 伊東(いとう): 静岡県伊東市
■ 伊藤町(いとうまち): 兵庫県神戸市中央区伊藤町
■ 伊藤川(いとご): 和歌山県日高郡日高川町伊藤川(いとご)
■ 伊奈(いな): 埼玉県北足立郡伊奈町
■ 伊奈(いな): 東京都あきる野市伊奈
■ 伊那(いな): 長野県伊那
■ 稲城(いなぎ): 東京都稲城市
■ 引佐町(いなさちょう): 静岡県浜松市北区引佐町
■ 稲村ケ崎(いなむらがさき): 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎
■ 猪苗代(いなわしろ): 福島県
■ 井波(いなみ): 富山県南砺市井波
■ 伊根(いね): 京都府与謝郡伊根町
■ 井野(いの): 群馬県高崎市井野町
■ 居能(いのう): 山口県宇部市居能町
■ 猪伏(いぶし): 愛知県大府市
■ 今上村:  千葉県野田市今上
■ 今川(いまがわ): 千葉県浦安市今川
■ 今切(いまぎれ): 静岡県
■ 今須(います): 岐阜県不破郡関ケ原町今須
■ 今渡(いまわたり): 岐阜県可児市今渡
■ 射水(いみず): 富山県射水市
■ 芋生(いもお): 兵庫県川西市芋生
■ 芋生(いもお): 和歌山県橋本市隅田町芋生
■ 芋生(いもう): 高知県吾川郡仁淀川町別枝芋生野(いもうの)
■ 芋生(いもう): 熊本県山鹿市鹿北町芋生
■ 鋳物師(いもじ): 兵庫県伊丹市鋳物師
■ (いり): 福井県鯖江市入町(いりちょう)
■ (いり): 岡山県津山市押入
■ 入生田(いりうだ): 神奈川県小田原市入生田
■ 入船(いりふね): 千葉県浦安市入船
■ 入間田(いりまだ): 宮城県柴田郡柴田町入間田
■ 入間(いるま): 埼玉県入間市
■ 岩佐村(いわさむら): 高知県
■ 岩沼(いわぬま): 宮城県岩沼市
■ 岩鼻(いわはな): 群馬県高崎市岩鼻町
■ 岩船(いわふね): 新潟県村上市岩船。式内社石船神社の祭神饒速日命が天磐樟舟(あめのいわくすぶね)に乗って、当地に下ったことに由来する。
■ 犬童(いんどう): 佐賀県神埼市千代田町境原上・下犬童
■ 上田(うえだ): 長野県上田市
■ 魚沼(うおぬま): 新潟県
■ 魚見(うおみ): 福井県今立郡池田町魚見
■ 魚見(うおみ): 三重県松阪市魚見町
■ 有漢(うかん):  岡山県高梁市有漢町有漢
■ 宇気郷(うきさと): 三重県松阪市
■ 浮羽(うきは): 福岡県浮羽郡
■ 宇品島(うじなじま): 広島県
■ 宇陀(うだ): 奈良県宇陀市
■ 打出(うちいで): 富山県富山市打出
■ 打出(うちで): 愛知県名古屋市中川区打出
■ 内小友(うちおとも): 秋田県大仙市内小友
■ 内田郷(うちだごう): 静岡県掛川市上内田
■ 内牧(うちのまき): 熊本県阿蘇市内牧
■ 祖母井(うばがい): 栃木県芳賀郡芳賀町祖母井
■ 産品(うぶしな): 三重県津市産品
■ 「馬神」の地名
■ 「梅」の地名
■ 浦賀(うらが): 神奈川県横須賀市浦賀
■ 「うらみ」の地名
■ 「浦和(うらわ)」の地名
■ 上見(うわみ): 岩手県下閉伊郡岩泉町門(かど)字上見内川
■ 上見(うわみ): 富山県南砺市上見。【上見の名字の由来
■ 江面(えずら): 埼玉県久喜市江面
■ 江曽原(えぞはら): 山梨県山梨市江曽原
■ 榎戸(えのきど): 愛知県常滑市榎戸
■ 「江良(えら)」の地名
■ 「塩山(えんざん)」の地名
■ 老ノ坂(おいのさか): 京都市と亀岡市の境にある峠。明智光秀が丹波から本能寺に来る時に越えた。
■ 邑知(おうち): 石川県
■ 多(おお): 奈良県磯城郡田原本町多。
■ 多村: 奈良県橿原市。江戸時代から明治時代の中頃までみられた村名。
■ 大網白里(おおあみしらさと):  千葉県大網白里市
■ 大井(おおい): 埼玉県ふじみ野市大井
■ 大分(おおいた): 考えて見ると、これなんで「おおいた」って読むんだ?土地は広かったから「大きな田」で「碩(おおき)+田(た)」と名付けたそうだ。「碩」には大きいという意味がある。ほんとそうで、ウソらしい話だと。ほんとはなんだ?
■ 大江(おおえ): 一般的には「おおえ」読みだが、以下のような読みもあるらしい。
# 大江(おおごう): 富山県射水市
# 大江(だいえ): 陸奥国本宮。大きな沼があり、その入り江を表す。現存する地名ではヒットせず。
# 大江(おわせ): 壱岐国石田郡。現在の地名では、島根県隠岐郡知夫村(ちぶむら)大江(おおえ)と、「おおえ」読みのようですね。
■ 大江干(おおえぼし): 富山県富山市大江干
■ 大亀(おおがめ): 宮城県黒川郡富谷町大亀
■ 大串(おおくし): 埼玉県吉見町大串
■ 大湫(おおくて): 岐阜県瑞浪市大湫町
■ 「大久保」の地名
■ 大熊町(おおくままち): 福島県双葉郡大熊町
■ 大胡(おおご): 群馬県前橋市大胡町
■ 大指(おおさす): 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬字大指
■ 大多喜(おおたき): 千葉県夷隅郡大多喜町
■ 太田部(おおたべ): 埼玉県秩父市吉田太田部
■ 大月(おおつき): 山梨県大月市
■ 大呑(おおのみ): 石川県七尾市
■ 大府(おおぶ): 愛知県大府市
■ 大船(おおふな): 神奈川県鎌倉市大船
■ 大船度(おおふなと): 岩手県大船渡市
■ 大間(おおま): 埼玉県鴻巣市大間
■ 大牧(おおまき):  岐阜県大野郡白川村大牧
■ 「大宮」の地名
■ 大鰐(おおわに): 青森県南津軽郡大鰐町
■ 岡崎(おかざき): 愛知県岡崎市
■ 小鹿野町(おがのまち): 埼玉県秩父郡小鹿野町
■ 小川(おがわ): 埼玉県比企郡小川町
■ 興津(おきつ): 静岡県静岡市清水区興津
■ 沖の上(おきのうえ): 埼玉県上尾市沖ノ上
■ 小国
# 小国(おぐに): 山形県西置賜郡小国町
# 小国(おぐに): 岩手県宮古市小国
# 小国(おぐに): 青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国
■ 「奥山」の地名
■ 桶川(おけがわ):  埼玉県桶川市
■ 越生(おごせ): 埼玉県入間郡越生町
■ 小佐手(おさで): 山梨県甲州市勝沼町小佐手
■ (おし): 埼玉県行田市忍。
■ 押上(おしあげ): 栃木県さくら市押上
■ 押上(おしあげ): 富山県富山市押上
■ 織田(おた): 福井県丹生郡越前町織田(おた)
■ 小田(おだ): 滋賀県近江八幡市小田
■ 愛宕里(おたぎがり): 京都府
■ 小田島(おだじま): 新潟県上越市名立区小田島
■ 小田島(おだじま): 高知県香美市土佐山田町小田島
■ 尾田蒔(おだまき): 埼玉県秩父市尾田蒔(旧尾田蒔村)
■ 小値賀(おぢか): 長崎県北松浦郡小値賀町
■ 百千家満(おちやま): 兵庫県宍粟市一宮町百千家満
■ 乙事(おっこと): 長野県諏訪郡富士見町乙事
■ 乙姫(おとひめ): 熊本県阿蘇市乙姫
■ 尾道(おのみち): 広島県尾道市
■ 伯母様(おばさま): 神奈川県伊勢原市三ノ宮
■ 伯母様(おばさま): 栃木県
■ 飫肥(おび): 宮崎県日南市飫肥
■ 男衾(おぶすま): 武蔵国男衾郡。埼玉県大里郡寄居町から熊谷市周辺。
■ 小布施(おぶせ): 長野県上高井郡小布施町
■ 於保村(おほむら): 佐賀県鳥栖市三島町於保里
■ 御前崎(おまえざき): 静岡県御前崎市
■ 小見(おみ): 埼玉県行田市小見
■ 思川(おもいかわ): 新潟県南魚沼市思川。【思川の名字の由来
■ 思川(おもいかわ): 福島県田村市船引町今泉思川【思川の名字の由来
■ 面白(おもじろ): 千葉県夷隅郡大多喜町面白(おもじろ)
■ 折立(おりたて): 福井県福井市折立町
■ 折立村(おりたてむら): 宮城県本吉郡南三陸町戸倉折立
■ 折原村(おりはらむら): 埼玉県大里郡寄居町折原
■ 尾張(おわり): 鳥取県東伯郡琴浦町尾張
■ 尾張(おわり): 岡山県瀬戸内市邑久町尾張
■ 御宿(おんじゅく): 旧上総国。千葉県夷隅郡御宿町
■ 音戸(おんど): 広島県呉市音戸町

★ 

■ 海神(かいじん): 千葉県船橋市
■ 貝伏(かいぶし): 静岡県
■ 海楽(かいらく): 千葉県浦安市海楽
■ 替佐(かえさ): 長野県
■ (かがみ): 滋賀県蒲生郡竜王町鏡
■ 隠居岳(かくいだけ): 長崎県
■ 角田(かくだ): 宮城県角田市
■ 垳川(がけがわ): 埼玉県八潮市垳
■ 掛川(かけがわ): 静岡県掛川市
■ 加子母(かしも): 岐阜県中津川市加子母
■ 柏島(かしわじま): 岡山県倉敷市玉島柏島
■ 春日部(かすかべ): 埼玉県春日部市
■ 香住(かすみ): 兵庫県豊岡市香住
■ 加須(かぞ): 埼玉県加須市
■ 片平(かたひら): 福島県郡山市片平町
■ 片柳村(かたやなぎむら): 埼玉県坂戸市片柳
■ 鹿角(かづの): 秋田県鹿角市
■ 加藤(かとう): 山形県東田川郡三川町加藤
■ 加藤(かとう): 埼玉県吉川市加藤
■ 神田山(かどやま): 茨城県坂東市神田山
■ 神奈川(かながわ): 神奈川県
■ 「金沢」の地名
■ : 千葉県松戸市小金
■ 金谷(かなや): 福井県丹生郡越前町金谷
■ 金谷(かなや): 静岡県島田市金谷
■ 鹿沼(かぬま): 栃木県鹿沼(かぬま)市
■ 「鹿野(かの)」の地名
■ 「狩野(かりの)」の地名
■ 「加納(かのう)」の地名
■ 神農原(かのはら): 群馬県富岡市神農原
■ 釜石(かまいし): 岩手県釜石市
■ 神岡(かみおか) → 詳細
■ 上宝(かみたから):  岐阜県高山市上宝町
■ 上名生(かみのみょう):  宮城県柴田郡柴田町上名生
■ 上平(かみひら): 埼玉県
■ 亀井村(かめいむら): 埼玉県
■ 亀岡(かめおか):  京都府亀岡市
■ 神米金(かめがね): 埼玉県所沢市神米金(かめがね)
■ 鴨方(かもがた): 岡山県浅口市鴨方町
■ 茅野(かやの): 千葉県木更津市茅野
■ 栢間(かやま): 埼玉県久喜市
■ 柏堂(かやんどう): 兵庫県西宮市柏堂町(かやんどうちょう)
■ 辛島(からしま): 豊前国宇佐郡辛島郷(大分県宇佐市辛島)
■ 辛島(からしま): 熊本県熊本市中央区辛島町
■ (からす): 高知県高岡郡四万十町烏手(からすで)
■ 刈谷(かりや): 【詳細
■ 安(かりやす): 山形県米沢市万世町刈安など【刈安の名字の由来
■ 刈安(かりやす): 石川県河北郡津幡町刈安【刈安の名字の由来
■ 「川・河」の地名
■ 川越(かわごえ): 埼玉県川越市
■ 川崎(かわさき):  宮城県柴田郡川崎町
■ 川崎(かわさき): 神奈川県川崎市
■ 河原部郷: 山梨県韮崎市
■ 川面(かわも): 岡山県高梁市川面町
■ 金成(かんなり): 宮城県栗原市金成
■ 城井(きい): 福岡県みやこ町
■ 木落(きおとし): 福井県大野市木落
■ 木落(きおとし): 新潟県十日町市木落
■ 「菊池・菊地」の地名
■ 吉舎(きさ):  広島県三次市吉舎町
■ 騎西町(きさい): 埼玉県加須市騎西
■ 私市(きさいち): 京都府福知山市私市
■ 私市(きさいち): 京都府綾部市私市町
■ 木次(きすき)
・ 島根県雲南市木次町(きすきちょう): 大国主命の国作りの原点の地とも言われる。
・ 長野県南佐久郡北相木村木次原。広島県山県郡北広島町木次。広島県山県郡北広島町南方小木次。
■ 北上(きたかみ): 岩手県北上市
■ 北栄(きたざかえ): 千葉県浦安市北栄
■ 「北島」の地名
■ 北本(きたもと): 埼玉県北本市
■ 吉川(吉香): 静岡県静岡市清水区吉川(きっかわ)
■ 鬼無里(きなさ): 長野県長野市
■ 城崎(きのさき): 兵庫県豊岡市城崎町
■ 休息(きゅうそく): 山梨県甲州市勝沼町休息
■ 厳木(きゅうらぎ): 佐賀県唐津市厳木町厳木
■ 行田(ぎょうだ): 埼玉県行田市
■ 興野(きょうの): 栃木県那須烏山市興野(きょうの)
■ 清須(きよす): 愛知県清須市清洲
■ 清武(きよたけ): 広島県東広島市豊栄町清武
■ 清武(きよたけ): 宮崎県宮崎市清武町(きよたけちょう)
■ 「吉良」の地名
■ 吉里吉里(きりきり): 岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里
■ 桐生(きりゅう): 群馬県桐生市。
■ 岐波(きわ): 山口県宇部市岐波
■ 金田一(きんたいち): 青森県三戸郡南部町鳥谷(とや)金田一
■ 杭瀬下(くいせけ): 長野県千曲市杭瀬下
■ 久喜(くき): 埼玉県久喜市鷲宮
■ 十八鳴・十八成(くぐなり)浜: 宮城県気仙沼市大島(十八鳴)
■ 久下(くげ): 埼玉県熊谷市久下
■ 久下(くげ): 兵庫県丹波市
■ 久下田(くげた): 栃木県真岡市久下田
■ 朽網(くさみ): 福岡県北九州市小倉南区朽網
■ 久慈(くじ): 岩手県久慈市
■ (くすのき): 静岡県静岡市清水区楠
■ 楠木(くすのき): 富山県富山市楠木
■ 久那(くな): 埼玉県秩父市久那(旧久那村)
■ 久那土村(くなどむら): 山梨県南巨摩郡身延町三澤
■ 久富木(くぶき): 鹿児島県薩摩郡さつま町久富木
■ (くぼ): 山梨県山梨市
■ 窪平(くぼだいら): 山梨県山梨市牧丘町窪平
■ 「熊谷」の地名
■ 倉敷(くらしき)
■ 蔵作(くらつくり): 福井県福井市蔵作町
■ 倶利伽羅(くりから): 石川県河北郡津幡町倶利伽羅
■ 「栗橋」の地名
■ 久里浜(くりはま): 神奈川県横須賀市久里浜
■ 「栗原」の地名
■ 「栗又四ケ」の地名
■ 久留里(くるり): 千葉県君津市久留里
■ (くれ): 広島県呉市
■ 呉羽山(くれはやま): 富山県
■ 黒井(くろい): 兵庫県丹波市春日町黒井
■ 黒岩(くろいわ): 埼玉県入間郡越生町黒岩
■ 「黒田」の地名
■ 下呂(げろ): 岐阜県下呂市
■ 古安曽(こあそ): 長野県上田市古安曽
■ 小出(こいで):  富山県富山市水橋小出
■ 恋ノ峠(こいのとうげ) → 詳細
■ 高円(こうえん): 岡山県
■ 甲賀(こうか): 「甲賀」の地名の詳細
■ 鹿深山(こうかのやま): 滋賀県甲賀郡にある山で、鹿深=甲賀。
■ 甲佐(こうさ): 熊本県上益城郡甲佐町
■ 合志市(こうしし): 熊本県合志市
■ 上有知(こうずち): 岐阜県美濃市
■ 合田(ごうだ): 愛媛県八幡浜市合田。
■ 神戸(ごうど): 岐阜県安八郡神戸町神戸
■ 甲奴(こうぬ): 広島県三次市甲奴町
■ 鴻巣(こうのす): 埼玉県鴻巣市
■ 興野(こうや): 千葉県銚子市
■ 郷六(ごうろく):  宮城県仙台市青葉区郷六
■ (こえ): 高知県吾川郡仁淀川町遅越(おそごえ)
■ 古賀(こが): 福岡県古賀市
■ 小金(こがね): 静岡県静岡市清水区蒲原小金
■ 後閑(ごかん): 群馬県前橋市後閑町
■ 御器所(ごきそ): 愛知県名古屋市昭和区御器所(ごきそ)。
■ 小金(こきん): 群馬県太田市新田小金町(こきんちょう)
■ (こし): 長野県中野市越(こし)
■ 越(こし): 昔、北陸地方を「越の国」と言った。日本書紀では「越」、古事記では「高志」、出雲風土記では「高志」「古志」、和名抄では「古之」と書く。昔の感覚で言えば、キから多くの坂を越さなければならない遠くの地域という意味。
■ (こし): 新潟県糸魚川市越(こし)
■ (こし): 奈良県高市郡明日香村越(こし)
■ 古志(こし): 島根県松江市古志町
■ 古志(こし): 鹿児島県大島郡瀬戸内町古志(こし)
■ 古志郡(こしぐん): 旧越後国。越の国に由来する。
■ 腰越(こしごえ): 神奈川県鎌倉市腰越
■ 越村(こしむら): 旧信濃国水内郡。腰村とも書いた。地名の由来は、善光寺大本願上人が京から下向した時に輿(こし)の人が住み着いたことよると言われる。
■ 小白川(こじらかわ): 岐阜県大野郡白川村小白川
■ 巨勢: 奈良県御所市(ごせし)
■ 児玉(こだま): 埼玉県本庄市児玉町
■ 告森村(こつもりむら): 愛媛県
■ 御着(ごちゃく): 兵庫県姫路市御国野町御着
■ 小寺(こでら): 兵庫県神戸市須磨区小寺町?
■ 御殿場(ごてんば): 静岡県御殿場市
■ 小針(こばり): 埼玉県行田市小針。埼玉県北足立郡伊奈町の小針?
■ 高麗(こま): 埼玉県日高市
■ 胡麻(ごま): 京都府南丹市日吉町胡麻
■ 五明(ごみょう): 埼玉県比企郡ときがわ町五明(旧比企郡玉川村五明)
■ 今羽(こんば): 埼玉県さいたま市北区今羽町

★ 

■ 在士(ざいじ): 滋賀県犬上郡甲良町(こうらちょう)在士
■ 祭主保(さいしゅのほ): 滋賀県甲賀市水口
■ 「埼玉」の地名
■ 「斎藤・斉藤」の地名
■ 坂井(さかい): 福井県坂井市
■ 酒折(さかおり): 山梨県甲府市酒折
■ 逆井(さかさい): 千葉県柏市逆井
■ 坂祝町(さかほぎちょう): 岐阜県加茂郡坂祝町
■ 酒巻(さかまき): 埼玉県行田市酒巻
■ 鷺の森(さぎのもり): 東京都港区白金付近
■ 鷺ノ森(さぎのもり): 和歌山県和歌山市鷺ノ森
■ 鷺ノ森(さぎのもり): 山形県東根市鷺ノ森
■ 鷺ノ森(さぎのもり): 福島県伊達郡川俣町羽田鷺ノ森
■ 作並(さくなみ): 宮城県仙台市青葉区作並
■ 「桜」の地名
■ 笹井(ささい): 埼玉県狭山市笹井
■ 「佐々木」の地名
■ (さざなみ): 滋賀県大津市?
■ 笹丸(ささまる):  埼玉県さいたま市見沼区笹丸
■ 篠山(ささやま): 兵庫県篠山市
■ 「指(さし)」の地名
■ 佐世保(させぼ): 長崎県佐世保市
■ 指崎(さっさき): 富山県氷見市指崎
■ 幸手(さって): 埼玉県幸手市
■ 佐津間(さつま): 千葉県鎌ケ谷市佐津間
■ 「佐藤」の地名
■ 真田(さなだ): 長野県上田市真田町
■ 佐用(さよ): 兵庫県佐用郡佐用町佐用(さよう)
■ 皿沼村: 千葉県
■ 猿島(さるしま): 神奈川県横須賀市猿島
■ 「沢」の地名
■ 沢渡(さわんど): 長野県伊那市西春近沢渡
■ 三才(さんざい): 信濃国。長野県長野市三才(さんさい)
■ 三才(さんざい): 常陸国。茨城県常陸太田市三才町(さんざいちょう)
■ 三分一(さんぶいち): 福井県小浜市三分一
■ 三本松(さんぼんまつ): 福島県喜多方市山都町木幡三本松
■ 塩竈(しおがま): 宮城県塩釜市
■ 塩村(しおむら): 新潟県
# 塩村(しおのむら): 江戸時代から明治時代の初めにかけて、陸奥国耶麻郡(会津地方の北西部)にあった村名で、塩野村とも書いた。
# 塩村(しおのむら): 奈良時代に播磨国宍粟(しさわ)郡にみられた村名。兵庫県宍粟市(しそうし)山崎町庄能(しょうのう)付近。「播磨国風土記」に宍禾郡七里の1つ高家里のうちとして塩村が見え、地名は所々に鹹水(塩水)が出ることに由来するという。
※ 所で、宍粟は古くは「しさわ」郡との読みが残っているが、今は宍粟(しそう)市。しかし、お隣の岡山県には、岡山県総社市宍粟(しさわ)という古い読みが残っている不思議。
■ 塩原(しおばら): 栃木県那須塩原市
■ 塩原(しおばら): 群馬県みどり市大間々町塩原
■ 塩原(しおはら): 石川県小松市塩原町(しおはらまち)
■ 鹿野(しかの): 福井県大飯郡おおい町鹿野(しかの)
■ 志賀島(しがのしま): 福岡県
■ 鹿浜(しかはま): 東京都足立区鹿浜
■ 信楽(しがらき): 滋賀県甲賀市信楽町
■ 柵村(しがらみむら): 現在の長野県長野市
■ 志木(しぎ): 埼玉県志木市。志木は志楽木の略で、新羅にちなむ。
■ 地獄(じごく): 鎌倉時代に豊後国大野郡大野荘志賀村南方にみられる地名。地名は付近に桜木穴温泉などがあり、温泉噴気等と関係があるものか。【角川日本地名大辞典】
■ 四十八坂(しじゅうはっさか): 岩手県
■ 四十八町荘: 鎌倉時代から戦国時代にかけて大和国添上郡にみられた荘園名で興福寺寺門領。
■ 雫石(しずくいし): 岩手県岩手郡雫石町
■ 設楽(したら): 諸説有り。@新羅人の居住地A疫病を免れる神のシタラ神B稲の穂がしだれる。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
■ 七ヶ宿(しちかしゅく):  宮城県刈田郡七ヶ宿町
■ 七軒(しちけん): 新潟県新潟市南区白根ノ内七軒
# 七軒町(しちけんまち): 富山県富山市七軒町
# 七軒(しちけん): 富山県射水市海老江七軒
# 七軒町(ひちけんちょう): 江戸時代に美濃国安八郡大垣城下にあった町名。寛永から元禄期に侍町となり、町名ははじめ7軒の家ができたことに由来する。
■ 七里ケ浜(しちりがはま): 神奈川県鎌倉市七里ガ浜
■ 志筑(しづく): 茨城県かすみがうら市志筑
■ 鹿手袋(しってぶくろ): 埼玉県さいたま市南区鹿手袋(しかてぶくろ)
■ 幣原(しではら): 京都府八幡市幣原
■ 地頭下(じとうしも): 岡山県浅口市金光町地頭下
■ 尿前(しとまえ): 宮城県大崎市鳴子温泉尿前
■ 信太(しのだ): 奈良県。古くから歌枕として知られる信太森があり、竹田出雲の人形浄瑠璃「芦屋道満大内鑑」に登場する白ギツネの「恋しくばたづねきてみよ和泉なるしのだの森のうらみくずの葉」の歌で知られる。【角川日本地名大辞典】
■ 新発田(しばた): 新潟県新発田市
■ 四分一(しぶいち): 福井県小浜市四分一
■ 地福(じふく): 山口県山口市阿東地福
■ 下井尻(しもいじり): 山梨県山梨市下井尻
■ 下関(しもせき): 新潟県岩船郡関川村下関
■ 下館(しもだて): 茨城県筑西市(旧下館市)
■ 下津(しもつ): 広島県三原市久井町下津
■ 下妻(しもつま): 茨城県下妻市
■ 下仁田(しもにた): 群馬県甘楽郡下仁田町
■ 十五所(じゅうごしょ): 山梨県南アルプス市十五所
■ 自由町(じゆうちょう): 香川県
■ 十里(じゅうり): 茨城県稲敷郡河内町十里。
■ 城井(じょうい): 大分県宇佐市城井。
■ 常光(じょうこう): 埼玉県鴻巣市常光
■ 城端(じょうはな):  富山県南砺市城端
■ 白川(しらかわ): 岐阜県大野郡白川村
■ 白川郷(しらかわのごう): 宮城県黒川郡大郷町付近。平安時代に陸奥国黒川郡にみられた郷名。この地名の由来が面白い。角川日本地名大辞典によると、黒川郡誌に「粕川(かすかわ)の粕字を誤って伝えたもの」とある。また、南の白川郡の人が移住して白川郷としたという説もあり、付近を流れる川が白濁していることに由来するとも言われる。
※ 個人的には「水の白濁説」に一票。
■ 白石(しろいし): 宮城県白石市
■ 新田原(しんだわら): 山城国綴喜(つづき)郡。現在の京都府。
■ 神田(じんで): 埼玉県さいたま市桜区神田
■ 「新田(しんでん)」の地名
■ 新名(しんみょう): 香川県高松市国分寺町新名、香川県三豊市高瀬町新名。
■ 新免(しんめん): 滋賀県大津市新免町
■ 新免(しんめん): 広島県庄原市東城町新免
■ 新免村(しんめんむら): 岡山県(旧美作国)
■ 新田原(しんでんばる): 福岡県行橋市
■ 須江(すえ): 埼玉県比企郡鳩山町須江
■ 末包(すえかね):  兵庫県佐用郡佐用町末包
■ 須加(すか): 埼玉県行田市須加
■ 須賀川(すかがわ): 福島県須賀川市
■ 杉戸(すぎと): 埼玉県北葛飾郡杉戸町
■ 村主(すぐり): 三重県安濃町川西村主(すぐり)、
■ 村主・勝(すぐろ、すぐり): 群馬県月夜野町村主(すぐろ)、宮崎県高鍋町勝利(すぐり)。渡来人部落の長に姓として与えた。「勝」も同じで、かつては「すぐろ、すぐり」と読んだが、後に「カツ」と音読みに変わった。
■ 勝呂村(すぐろむら): 埼玉県比企郡小川町勝呂
■ 菅生(すごう): 宮城県柴田郡村田町菅生
■ 「須佐」の地名
■ 須坂(すざか): 長野県須坂市
■ 逗子(ずし): 神奈川県逗子市
■ 図師(ずし): 東京都町田市図師町
■ (すすき): 埼玉県秩父郡小鹿野町両神
■ 鈴木(すずき):  神奈川県川崎市川崎区鈴木町?
■ 鈴木(すずき):  茨城県稲敷郡阿見町鈴木
■ 裾花川(すそばながわ): 長野県長野市
■ 須磨(すま): 兵庫県神戸市須磨区
■ 炭焼村: 静岡県掛川市炭焼
■ 住毛家村(すもげむら): 千葉県
■ 守門村(すもんむら): 新潟県魚沼市須原守門
■ 諏訪(すわ): 長野県諏訪市
■ 清博士(せいばかせ):  長野県木曽郡木曽町新開清博士。安倍晴明に由来?
■ 関市(せきし): 岐阜県関市
■ 関根(せきね):  栃木県那須塩原市関根
■ 関根(せきね): 埼玉県行田市関根
■ 石動山(せきどうさん、いするぎやま): 石川県鹿島郡中能登町石動山子部。能登と越中の間にあるのは石動山(せきどうさん、、いするぎやま)。古くは「いするぎやま」「いしゆるぎやま」と呼ばれた。山内に延喜式内伊須流岐比古神社があり、祭神は伊須流岐比古神(いするぎひこのかみ・石動彦)。
・ 昔、赤道山に隕石が落ちて石となり、その石が鳴動し神威を顕したことに由来する。
■ 関口(せきぐち): 埼玉県児玉郡神川町関口
■ 関口(せきぐち): 東京都文京区関口
■ 世古(せこ): 三重県伊勢市大世古
■ 膳所(ぜぜ): 滋賀県大津市膳所
■ 洗馬(せば): 長野県塩尻市洗馬
■ 世良田(せらた): 群馬県太田市世良田町
■ 千家(せんげ)村: 出雲国出雲(しゆつとう)郡千家(島根県出雲市斐川町併川千家)
■ 善師野(ぜんじの):  愛知県犬山市善師野
■ 草加(そうか): 埼玉県草加市
■ 外海府(そとかいふ): 新潟県佐渡市
■ 杣口(そまぐち): 山梨県山梨市牧丘町杣口
■ 杣保(そまのほ): 南北朝時代に甲斐国巨摩郡にみられた保名。黒沢の観音堂は、富士川支流小柳川上流の道利川に沿う仙洞田集落を流れる細流、旧名黒沢上流付近に営まれた堂宇であり、この一帯は木材を切り出す杣にふさわしい地帯であった。おそらく平安末期に国司によって杣として占定され、中世は国衙の所領単位として存在したのであろう。現在の増穂町高下付近に比定される。【角川日本地名大辞典】
※ 「杣」: 険しい道、木こり道などを意味する。
■ 杣村(そまむら): 明治時代に山梨県にみられた村名。地名は、古くから林村・庄村・川原村の3村を杉杣(すぎそま)と呼んでおり、蒲生(がもう)郡内に同村名の林村と庄村があるため、まぎらわしくないよう明治7年10月杉杣の1字を採って庄村を杣村に改称した。【角川日本地名大辞典】
■ 楚里(そり): 埼玉県秩父郡小鹿野町楚里

★ 

■ (た): 群馬県
■ 太地(たいじ): 和歌山県東牟婁郡太地町
■ 大門(だいもん): 埼玉県さいたま市緑区大門
■ 高市(たかいち、たきち、たけち):  秋田県鹿角市花輪高市
■ 高市(たかいち、たきち、たけち):  奈良県高市郡、愛媛県今治市高市、愛媛県伊予郡砥部町高市、など。高台の土地を意味する。
■ 高越(たかこし): 福島県二本松市高越
■ 高階(たかしな): 埼玉県川越市
■ 高洲(たかす): 千葉県浦安市高洲
■ 高遠(たかとお): 長野県伊那市高遠町
■ 高取(たかとり): 愛知県高浜市
■ 高根町(たかねちょう): 千葉県船橋市
■ 高向(たかぶく): 三重県伊勢市御薗町高向(たかぶく)
■ 高向村: 奈良時代に越前国坂井郡にみられた村名。「日本書紀」継体即位前紀に振媛が夫の彦主人王の死後、子の男大迹(継体天皇)を養育した地で「高向者越前国名」とあり、「上宮記」(釈日本紀第17所引)にも「多加牟久村」と見える。「和名抄」坂井郡十二郷の1つ「高向」郷の前身。【角川日本地名大辞典】
・ 高向郷: 奈良時代から平安時代にかけて越前国坂井郡にみられた郷名。高山寺本は訓を欠き、東急本は「多加無古」の訓を付す。現在の丸岡町東部および南部付近に比定される。【角川日本地名大辞典】
■ 高山(たかやま) → 詳細
■ 滝室坂(たきむろざか): 熊本県阿蘇郡一の宮町坂梨にある坂。
■ 「武田・竹田」の地名
■ 多治見(たじみ): 「たち(立)」+み(接尾語)」に由来し、「台地の縁の高い崖」を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
■ 「多田」の地名
■ 多々良(たたら): 山口県防府市多々良
■ 太刀洗池(たちあらいいけ): 広島県庄原市七塚町の七塚原高原にある池
■ 立川(たちかわ): 【詳細
■ 「伊達」の地名
■ 館林(たてばやし): 群馬県館林市
■ 「田中」の地名
■ 狸小路(たぬきこうじ): 北海道札幌市。明治時代に、この地に曖昧屋があった。曖昧屋とは、表向きは料理屋だが実質は売春宿。曖昧屋の女性は狸と同じように男をたぶらかすことに由来する。
※ たしか、仙台の一番町と国分町の間も狸小路と言わなかった?由来はおなじだろうか。
■ 玉作(たまつくり): 埼玉県熊谷市玉作
■ 玉ノ井(たまのい): 愛知県一宮市木曽川町玉ノ井
■ 多聞(たもん): 兵庫県神戸市垂水区多聞町
■ 多聞城(たもんじょう): 戦国時代に奈良市法蓮町にみられた城。松永久秀が寺の跡地に築城。
■ 太郎太夫(たろだゆう): 兵庫県小野市(旧市場村)
■ 竹生島(ちくぶじま): 滋賀県琵琶湖
■ 千鳥(ちどり): 千葉県浦安市千鳥
■ 千野(ちの): 山梨県甲州市塩山千野
■ 千野(ちの): 石川県七尾市千野町。地名の由来は、昔アイヌが住んでいて、地元の人と争い血の雨を降らしたのでつけられたという。【角川日本地名大辞典】
■ 千野(ちの):  滋賀県大津市千野(旧雄琴村)
■ 茅野(ちの): 長野県茅野市
■ 知夫(ちぶ): 島根県隠岐郡知夫村
■ 帖佐(ちょうさ): 鹿児島県姶良市
■ 銚子(ちょうし): 千葉県銚子市
■ 勅旨(ちょうし): 滋賀県甲賀市信楽町勅旨
■ 勅旨(ちょくし): 兵庫県姫路市花田町勅旨
■ 塚口(つかぐち): 兵庫県尼崎市塚口町
■ 塚越(つかごし): 埼玉県坂戸市
■ 月舘(つきだて): 福島県伊達市月舘町
■ 津久茂(つくも): 広島県江田島市江田島町津久茂
■ 付知町(つけちちょう): 岐阜県中津川市付知町
■ 都志(つし): 兵庫県洲本市五色町都志
■ 土合村(つちあいむら): 埼玉県北足立郡土合村(埼玉県旧浦和市)
■ 土屋(つちや): 神奈川県平塚市土屋
■ 椿海(つばきのうみ): 千葉県の旭市・海上町・干潟町・八日市場市の2市2町にまたがっていた沼。
■ 津波倉(つばくら): 石川県小松市津波倉町。石川県加賀市津波倉町。この地の神社にに銅製の燕(つばくら)が2羽あることによるとも言われる。
■ (つばめ): 新潟県燕市
■ 「椿」の地名
■ (つま):  宮崎県西都市妻
■ 妻籠(つまご): 長野県木曽郡南木曽町吾妻妻籠
■ 妻有(つまり): 新潟県十日町市妻有町(つまりちょう)
■ 都留(つる): 山梨県都留市
■ 敦賀(つるが): 福井県敦賀市
■ 手子(てこ): 埼玉県羽生市
■ 勅使河原(てしがわら): 埼玉県児玉郡上里町勅使河原
■ 鉄鋼通り(てっこうどおり): 千葉県浦安市鉄鋼通り
■ 手計村(てばかむら): 埼玉県深谷市(旧八基村)
■ 出丸(でまる): 埼玉県比企郡川島町
■ 道意(どい): 兵庫県尼崎市道意町
■ 遠刈田温泉(とおがったおんせん): 陸奥国刈田郡。宮城県刈田郡蔵王町
■ 東金(とうがね): 千葉県東金市
■ 当代島(とうだいじま): 千葉県浦安市当代島
■ 「当麻」の地名
■ 遠野(とおの): 岩手県遠野市
■ 土岐(とき):  岐阜県瑞浪市土岐町
■ 常盤(ときわ):  神奈川県鎌倉市常盤
■ 木賊(とくさ): 山梨県
■ 徳島(とくしま): 徳島県徳島市
■ 徳光(とくみつ): 岐阜県
■ 徳光(とくみつ): 福井県福井市徳光町
■ 徳光(とくみつ): 石川県白山市徳光町。地名の由来は、中世期に当地を領した徳光氏の名から起こるという。【角川日本地名大辞典】
■ 徳光(とくみつ): 静岡県袋井市徳光
■ 徳光(とくみつ): かつて豊前国(福岡県)にあった地名(村名)
■ 床波(とこなみ): 山口県宇部市床波
■ 京都府京丹後市丹後町徳光、広島県山県郡北広島町古保利徳光、大分県豊後高田市堅来徳光、鹿児島県指宿市山川岡児ケ水徳光
■ 所沢(ところざわ): 埼玉県所沢市
■ 豊島(としま): 青森県北津軽郡中泊町豊島(とよしま)。「とよしま」ともいう。津軽平野北部、岩木川の下流と鳥谷川の間に位置し、岩木川の形成するデルタの微高地に集落が立地する。【角川日本地名大辞典】
■ 豊島(としま): 相模国(神奈川県)
■ 戸田(とだ): 埼玉県戸田市
■ 栃窪(とちくぼ):  群馬県吾妻郡中之条町栃窪
■ 途中(とちゅう): 滋賀県大津市伊香立途中町
■ 砺波(となみ): 富山県
■ 殿居(とのい):  山口県下関市豊田町大字殿居
■ 外丸(とまる):  新潟県中魚沼郡津南町外丸
■ 富岡(とみおか): 群馬県富岡市
■ 富岡(とみおか):  神奈川県横浜市金沢区富岡
■ 富岡(とみおか): 千葉県浦安市富岡
■ 留場(とめば): 山形県寒河江市留場
■ 留場(とめば): 青森県三戸郡南部町剣吉留場河原、宮城県栗原市築館留場雇田、福島県郡山市日和田町八丁目留場など。
■ 豊島(としま): 愛知県田原市豊島町
■ 豊島(とよしま): 愛知県新城市豊島
■ 富田城跡(とだじょうせき): 出雲国能義(のぎ)郡広瀬町大字富田。富田の築城は、保元平治の頃平家の侍大将悪七兵衛(藤原)景清といわれている。城主は佐々木・山名・京極・尼子毛利・堀尾氏と変遷した。
■ 巴村(ともえむら): 明治から昭和にかけて茨城県鹿島郡にみられた村名。現在の茨城県鉾田市。北浦に注ぐ巴川左岸に面して位置する。
■ 巴川(ともえがわ): 利根川水系で茨城県中央部を流れる川。古くは鞆絵川と書かれ、茨城・鹿島・行方(なめがた)の3郡を三つ巴になって屈曲して流れていたためこの名があるという。【角川日本地名大辞典】
■ 巴町(ともえちょう): 群馬県桐生市巴町
■ 豊島(とよしま):  愛媛県越智郡上島町弓削豊島。安芸灘諸島のほぼ中央に位置する。地名の由来は、昔、豊島城を築いた豊島左衛門尉久政の居宅があったことによると伝える。【角川日本地名大辞典】
■ 取手(とりで): 茨城県取手市
■ 登呂(とろ): 静岡県静岡市駿河区登呂
■ 頓宮(とんぐう): 滋賀県甲賀市土山町頓宮

★ 

■ 「長尾」の地名
■ 中木津村(なかきつむら): 江戸時代から明治時代の初頭にかけて越後国蒲原郡にみられた村名。もと木津村の一部で、天正年間に韮沢吉右衛門によって開発され、のち堀掃部助によって開発された堀興野(鴨興野)とあわせて中木津村と称したという。【角川日本地名大辞典】
■ 「長崎」の地名
■ 長瀞(ながとろ):  福島県南相馬市原町区金沢長瀞
■ 長野(ながの): 長野県長野市
■ 名細(なぐわし): 埼玉県川越市
■ 名越(なごえ): 神奈川県
■ 名坂(なさか):  兵庫県姫路市安富町名坂
■ 中丁(なかようろ):  福井県大野市中丁
■ 流山(ながれやま): 千葉県流山市
■ 名胡桃(なぐるみ): 群馬県利根郡みなかみ町下津にあった村名
■ 勿来(なこそ): 福島県いわき市勿来町
■ 名護屋(なごや): 佐賀県唐津市鎮西町名護屋
■ 名瀬(なぜ): 鹿児島県奄美市名瀬
■ 夏見(なつみ): 千葉県船橋市
■ 名取(なとり): 宮城県名取市
■ 名取(なとり): 愛媛県西宇和郡伊方町名取。地名の由来は、慶長20年宇和島藩主伊達秀宗が入国の際に同行した軍夫が、軍馬の飼育と宇和海の警固のために当地に定住し、軍夫らが仙台藩(宮城県)領の名取郷の出身であったことによる。【角川日本地名大辞典】
■ 七北田(ななきた):  宮城県仙台市泉区七北田
■ 鍋島(なべしま): 富山県砺波市鍋島。
■ 並河(なみかわ): 京都府亀岡市大井町並河
■ 滑川(なめりかわ): 富山県滑川市
■ 奈良(なら): 群馬県沼田市奈良町
■ 奈良子(ならご): 山梨県大月市七保町奈良子
■ 習志野(ならしの): 千葉県船橋市
■ 成沢(なりさわ、なるさわ): 信濃国の矢ケ崎山西麓。鳴沢郷は信濃国佐久郡で後の成沢新田。甲斐国成沢(なるさわ)。全国的には、「なりさわ」よりも「なるさわ」が多い。
■ 成田(なりた): 千葉県成田市
■ 鳴子(なるこ): 宮城県大崎市鳴子温泉
■ 成田(なるだ): 神奈川県小田原市成田(なるだ)
■ 新名(にいな): 日向国臼杵郡新名荘(宮崎県日向市)
■ 新見(にいみ): 北海道磯谷郡蘭越町新見。地名は、新見直太郎が当地に温泉を発見し新見温泉を開業したことにちなむ。【角川日本地名大辞典】
■ 新見(にいみ): 鳥取県八頭郡智頭町新見
■ 新見(にいみ): 岡山県新見市
■ 贄川(にえかわ): 長野県塩尻市贄川
■ 仁尾(にお): 香川県三豊市仁尾町
■ 仁方(にがた): 広島県呉市仁方町
■ 仁古田(にこだ): 長野県上田市
■ 西尾(にしお): 愛知県西尾市
■ 日進(にっしん): 埼玉県さいたま市北区日進町
■ 日進(にっしん):  愛知県日進市
■ 「新田(にった)」の地名
■ 仁手(にって): 埼玉県本庄市仁手(旧仁手村)
■ 二戸(にのへ): 岩手県二戸市
■ 日本国(にほんこく): 日本国(にっぽんごく)ともいう。新潟県と山形県の間にある山。山は日本国片麻岩からなり、ふもとの小俣渓谷の露頭には千枚岩様の片理が見られる。山容は摺鉢を伏せたようで地元では石鉢山とも呼ぶ。「庄内風土略記」に「日本国」の山名に関する多くの伝説が記される。大和朝廷の東征による蝦夷地との境、「ここまでが日本国」説、江戸期この山で獲れた鷹を領主に献上したところ賞讃して「獲れた山を日本国と名付けよ」説などで、定説はない。【角川日本地名大辞典】
■ 新田原(にゅうたばる): 宮崎県児湯郡新富町
■ 韮崎(にらさき): 山梨県韮崎市
■ 韮山(にらやま): 静岡県伊豆の国市韮山
■ 庭坂(にわさか): 福島県福島市
■ 鵺代(ぬえしろ): 静岡県浜松市北区三ヶ日町鵺代
■ 根雨(ねう): 鳥取県日野郡日野町根雨
■ 猫実(ねこざね): 千葉県浦安市猫実
■ 寝屋(ねや): 新潟県村上市寝屋
■ 「南畝」の地名
■ 納富分(のうどみぶん):  佐賀県鹿島市納富分
■ 直方(のおがた): 福岡県直方市
■ 野宮(ののみや): 野宮神社(ののみやじんじゃ)。京都市右京区嵯峨野々宮町。伊勢斎宮が潔斎をする場所を野宮といい、場所は一定しなかった。当社もいつ頃の野宮かは不明であるが、嵯峨天皇の皇女仁子が斎王になった時はじめられたものと伝える。【角川日本地名大辞典】
■ 登戸(のぼりと): 埼玉県鴻巣市登戸。登戸は登津に由来する。
■ 登戸(のぼりと): 神奈川県川崎市多摩区登戸

★ 

■ 波加村: 兵庫県宍粟市波賀町
■ 博多(はかた): 筑前国那珂郡博多(福岡県福岡市博多)
■ 博多港: 福岡県福岡市
■ 「萩」の地名
■ 羽咋(はくい): @古代人の食土の習俗からA害鳥の羽を三匹の犬が食い破ったB「はくえ」で、山の末端が崩れている地形C「くい」は「洞(くき)」のことD「羽」は「はに」で泥、「くい」は浸食で土砂崩れを意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
■ 箱木村(はこぎむら): 兵庫県川辺郡猪名川町差組箱木原
■ 箱崎(はこざき): 岩手県釜石市箱崎町。
■ 箱崎(はこざき): 福島県伊達市箱崎
■ 箱崎(はこざき): 福岡県福岡市東区箱崎
■ 箱崎(はこざき): 長崎県壱岐市芦辺町箱崎
■ 函館(はこだて)
■ 箱根(はこね): 神奈川県足柄下郡箱根町箱根
■ 土師(はじ): 三重県鈴鹿市土師町
■ 土師(はじ): 茨城県笠間市土師、京都府福知山市土師新町、大阪府堺市中区土師町、兵庫県姫路市香寺町土師、岡山県瀬戸内市長船町土師、広島県安芸高田市八千代町土師、福岡県嘉穂郡桂川町土師、など。
■ 橋場(はしば): 新潟県柏崎市橋場
■ 橋場(はしば): 岩手県岩手郡雫石町橋場
■ 橋元町(はしもとまち): 江戸時代から昭和の後期にかけて兵庫県姫路市にみられた町名。町名の由来は、市川の分流忍熊川の板橋(現在石橋の下川橋)が架かっていたことによる。
■ 蓮田(はすだ): 埼玉県蓮田市
■ 支倉(はせくら): 宮城県柴田郡川崎町支倉
■ 波高島(はだかじま): 山梨県南巨摩郡身延町波高島
■ 畠山(はたけやま)の地名と名字
■ 秦野(はたの): 神奈川県秦野市
■ 鳩ヶ谷(はとがや): 埼玉県川口市鳩ヶ谷
■ 鼻毛(はなげ): 宮城県や福島県に見られる地名。【主な鼻毛の地名】【鼻毛の名字の由来
■ 花巻(はなまき): 岩手県花巻市
■ 羽生(はにゅう): 埼玉県羽生市
■ 半布里(はにゅうり): 岐阜県加茂郡富加町羽生
■ 羽生田(はにゅうだ): 栃木県下都賀郡壬生町羽生田
■ 羽生田(はにうだ): 新潟県南蒲原郡田上町羽生田
■ 羽根木(はねき): 熊本県菊池市七城町砂田羽根木
■ 羽根木(はねき): 東京都世田谷区羽根木
■ 母子(ははこ): 千葉県山武郡横芝光町母子(ははこ)
■ 浜岡(はまおか): 静岡県
■ (はやぶさ): 山梨県山梨市牧丘町隼
■ 葉山(はやま): 神奈川県三浦郡葉山町
■ 「原」の地名
■ 針生(はりう):  栃木県矢板市針生
■ 春近(はるちか): 長野県伊那市西春近
■ 春近(はるちか): 岐阜県本巣市春近
■ 坂下(ばんげ): 福島県河沼郡会津坂下町
■ 番匠免(ばんしょうめん): 埼玉県三郷市番匠免
■ 半田(はんだ): 愛知県半田市
■ 万代島(ばんだいじま): 昭和初期まで信濃川河口にあった川中島。ほぼ現在の新潟市万代島にあたる。大河津分水が完成後、信濃川の流水量が減じ、従来の3分の1の川幅で済むようになったので、万代島の東側流路が埋め立てられ、沼垂地区と陸続きとなった。【角川日本地名大辞典】
■ 万代橋(ばんだいばし): 新潟市万代3丁目と下大川前通2丁目との間を流れる信濃川に架かる橋。東西新潟市街を結ぶ最も古い橋で、新潟市を代表する名橋。軟弱地盤の埋立地に建設するため頑丈な台場をつくる必要があり、河底を約30尺掘ってコンクリートを流し込む工法を採用。福田武雄の設計で、工事に3か年を要した。昭和39年の新潟地震時にもほとんど被害がなく、災害の復旧活動に貢献し堅牢さが賞賛された。【角川日本地名大辞典】
■ 飯能(はんのう): 埼玉県飯能市
■ 「番場」の地名
■ 半割(はんわり):  埼玉県吉川市半割
■ 比嘉(ひが): @東を意味する「びじゃ」に由来する。A平坦な砂地を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
■ 東通(ひがしどおり): 青森県下北郡東通村
・ 北浜街道の別称の「東通り」に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ かつては、役場は地勢・交通などの関係から戸長役場以来現在まで隣地むつ市小川町に置かれていた。こういった状況は諸島地域(竹富町役場が石垣市にある)ではまれに見られるが、本土としては非常時珍しかった。
■ 東野(ひがしの): 千葉県浦安市東野
・ 浦安市のホームページより。第1期海面埋立事業で昭和43年6月24日誕生。浜土堤(境川東水門から見明川までの旧堤防)の東南は昔は洲になっており、ヨシやカヤの生い茂る原野であったため、「東方にある原野」の意味から名付けられました。なお、同地区は海面埋立事業前からその大部分が堀江字東野と呼ばれていました。
■ 「氷上」の地名
■ 日出生台(ひじうだい): 大分県玖珠郡玖珠町北東部の台地。耶馬渓(やばけい)溶岩台地の南東部。
■ 「美女木」の地名
■ 備前(びぜん): 山形県鶴岡市丸岡備前
■ 備前町(びぜんまち): 青森県弘前市に江戸時代前期に見られた町名で弘前城郭内の武家屋敷地の1つ。地名の由来は、改易となった備前国浮田(宇喜多)秀家の家臣が津軽家に召抱えられ、当地に居住したことにちなむといわれ、旧浮田家の家臣として久保田数馬・渡辺作石衛門らが知られる。ただし、絵図類には侍町とのみ記されて町名は記されていないことから、町名は通称として存在していたとも考えられる。後に郭外へ移転した。【角川日本地名大辞典】
・ 江戸幕府はキリシタンを取り締まった。備前国岡山の宇喜多秀家はキリシタン大名で、関ヶ原の戦いの後に秀家は八丈島に流された。慶長18年(1613年)に旧宇喜多家の家臣のキリシタン66名がまとまって津軽藩に流罪となり、弘前城の三の丸においた。後にその地が「備前」と呼ばれるようになった。他に足尾銅山(備前山)などにも宇喜多家のキリシタンが流された。
■ 日高(ひだか): 和歌山県伊都郡かつらぎ町日高
■ 日高城(ひたかじょう): 佐賀県唐津市
■ 日詰(ひづめ): 岩手県紫波郡紫波町日詰
■ 肥土(ひど): 埼玉県児玉郡神川町肥土
■ 肥土村: 江戸時代から明治の中頃にかけて上野国緑野(みどの)郡藤岡領にみられた村名。元禄年間から武蔵国賀美郡安保領。
■ 人首(ひとかべ): 岩手県奥州市江刺区米里人首町
■ 「一青」の地名
人丸町(ひとまるちょう): 兵庫県明石市人丸町
■ 日向(ひなた): 栃木県日光市日向
■ 日向(ひなた):  三重県度会郡度会町日向
■ 日の出(ひので): 千葉県浦安市日の出
■ 日登(ひのぼり): 島根県雲南市木次町日登
■ 日奉(ひまつり): 筑後国三毛郡日奉郷。敏達天皇の時代に、天照大神を祀るために設けた品部。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
■ 姫路(ひめじ): 兵庫県姫路市
■ 姫路(ひめじ): 鳥取県鳥取市気高町八束水姫路
■ 日吉(ひよし): 神奈川県横浜市港北区日吉
■ 平尾(ひらお): 三重県名張市平尾
■ 平沢村: 神奈川県秦野市平沢
■ 平塚(ひらつか): 神奈川県平塚市
■ 蛭ケ野高原(ひるがのこうげん): 岐阜県
■ 昼神村(ひるがみむら): 長野県下伊那郡阿智村智里昼神
■ 広島(ひろしま): 新潟県妙高市広島
■ 広島(ひろしま): 徳島県板野郡松茂町広島
■ 笛吹峠(ふえふきとうげ): 埼玉県
■ 深草(ふかくさ):  兵庫県淡路市深草
■ 深志(ふかし): 長野県松本市
■ 吹上(ふきあげ): 埼玉県鴻巣市吹上
■ 吹塚(ふきづか): 埼玉県比企郡川島町吹塚
■ 「福岡」&「福崎」
■ 「福地」の地名
■ 福知山(ふくちやま): 京都府福知山市
■ 福山(ふくやま): 広島県福山市
■ 福留(ふくろ): 「福を留める」という瑞祥地名。もともとは、袋状の地形を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】
■ 「浮気」(ふけ)の地名
■ 深郷田(ふこうだ): 青森県北津軽郡中泊町深郷田。津軽鉄道津軽鉄道線の深郷田駅。
■ 藤沢(ふじさわ): 神奈川県藤沢市
■ 藤田(ふじた): 栃木県那須烏山市藤田
■ 富士見(ふじみ): 千葉県浦安市富士見
■ 藤原(ふじわら): 群馬県利根郡みなかみ町藤原
■ 船橋(ふなばし): 千葉県船橋市
■ 船町(ふなまち): 岐阜県大垣市船町
■ 船町(ふなまち): 滋賀県近江八幡市船町
■ 古郡(ふるこおり): 埼玉県児玉郡美里町古郡
■ 古里(ふるさと): 鹿児島県大島郡和泊町(わどまりちょう)古里(ふるさと)
■ 古志田(ふるしだ): 山形県米沢市古志田町(ふるしだまち)
■ 古屋敷(ふるやしき): 旧美濃国(岐阜県)。岐阜県可児郡御嵩町古屋敷
■ 古屋敷(ふるやしき): 旧能登国(石川県)。石川県七尾市古屋敷町。村名の由来は守護畠山氏の家臣団の屋敷跡があったことによるといわれる。【角川日本地名大辞典】
■ 部坂
・ 部坂荘: 鎌倉時代から大和国葛上郡にみられた荘園名。
■ 平群(へぐり): 奈良県。弊遇利・弊具理・平涼・平などとも書く。竜田川中流域から下流域にかけて位置する。西の生駒山地、東の矢田丘陵に挟まれた平群谷を中心とする地域で、大和川を南限とする。ヘグリの語義は辺国(へぐに)で、平群谷を形容した意であるとか、重抉(えぐり)の意などとされる。「たたみこも へぐりのやま」、「やえだたみへぐりのやま」など、重なり合う山々の美しさが称えられてきた。【角川日本地名大辞典】
■ 別府(べっぷ)村: 埼玉県熊谷市別府
■ 別府(べふ): 三重県伊賀市別府(べふ)
■ 別府(べふ): 兵庫県加西市別府町(べふちょう)
■ 別府(べふ): 鳥取県八頭郡八頭町別府
■ 弁財(べんざい): 埼玉県上尾市弁財、埼玉県熊谷市弁財
■ 弁天(べんてん): 千葉県浦安市弁天
■ 宝珠(ほうじゅ): 埼玉県春日部市西宝珠花
■ 保喜(ほき): 兵庫県神崎郡市川町保喜
■ 保木村(ほきむら): 岐阜県飛騨市河合町保木林
■ 細久手(ほそくて): 岐阜県瑞浪市日吉町細久手
■ 母畑(ぼばた): 福島県石川郡石川町母畑
■ 堀江(ほりえ): 葉県浦安市堀江: 浦安市のホームページより。明治22(1889)年の村制施行時に浦安村を構成した3区画の1村(残る2村は猫実村、当代島村)。村名であった字名(地区名)「堀江」は、鎌倉時代、すでにこの地に小さな港が作られていたことから堀江村と名付けられたといわれています。
■ 本庄(ほんじょう): 埼玉県本庄市
■ 「本多」の地名

★ 

■ 舞浜(まいはま): 千葉県浦安市舞浜
■ 米原(まいばら): 滋賀県米原市
■ 「前田」の地名
■ 前橋(まえばし): 群馬県前橋市
■ 真壁郷: 岡山県総社市真壁
■ 牧丘町(まきおかちょう): 山梨県山梨市牧丘町
■ 幕張(まくはり): 千葉県千葉市花見川区幕張町
■ 柵口(ませぐち): 新潟県糸魚川市柵口
■ 松尾寺(まつのおでら): 京都府舞鶴市字吉坂
■ 「松田」の地名
■ 松本(まつもと): 長野県松本市
■ 真鍋(まなべ): 茨城県土浦市真鍋
■ 真鍋(まなべ): 岡山県笠岡市真鍋島
■ 真庭(まにわ): 群馬県利根郡みなかみ町真庭
■ 真庭(まにわ): 岡山県真庭市
■ 大豆札郷(まめふだのごう): 室町時代から戦国時代にかけて肥後国阿蘇郡にみられた郷名。現在の熊本県一の宮町中坂梨付近に比定される。【角川日本地名大辞典】
・ 「まめ」は崖をあらわす「まま」の転訛。ふだは棚田や湿地となった場所。
■ 三浦(みうら): 神奈川県三浦市・三浦郡。
■ 三上山(みかみやま): 滋賀県野洲郡野洲町
■ 三国(みくに): 福井県坂井市三国町
■ 御来屋(みくりや): 鳥取県西伯郡大山町御来屋
■ 美笹(みささ): 埼玉県
■ 三郷(みさと、さんきょう、さんごう)の地名
■ 三島(みしま): 静岡県三島市
■ 水押(みずおし): 岩手県北上市
■ 水押(みずおし): 宮城県石巻市水押
■ 水海道(みずかいどう): 岐阜県岐阜市水海道
■ 道端(みちばた): 東北地方の広範囲に見られる地名。【主な道端の地名】【道端の名字の由来
■ 水海道(みつかいどう): 茨城県常総市水海道(みつかいどう)
■ 水海道新田(みつかいどうしんでん): 茨城県結城市水海道
■ 三次(みつぎ): 茨城県稲敷市三次(みつぎ)
■ 三ツ目(みつめ): 東京都
■ 三ツ目小路(みつめしょうじ): 江戸時代に阿波国徳島城下にみられた武家町の1つ。
■ 三ツ目内(みつめない): 青森県南津軽郡大鰐町三ツ目内。平川の支流、三ツ目内川の下流域に位置する。
■ 水判土(みずはた): 埼玉県さいたま市西区水判土
■ (みなと): 千葉県浦安市港(みなと)
■ 「南島」の地名
■ 美祢(みね): 山口県美祢市
■ 美浜(みはま): 千葉県浦安市美浜
■ 壬生(みぶ): 栃木県下都賀郡壬生町
■ 宮古(みやこ): 岩手県宮古市
■ 宮崎(みやざき): 福井県大飯郡高浜町宮崎
■ 宮根遺跡(みやねいせき): 千葉県柏市増尾字宮根に所在。手賀沼西部に南から流入する大津川左岸に位置し、小支谷上の標高約20mの舌状台地にある。遺跡は増尾八幡宮とその周辺に及び、縄文時代後期と弥生時代末期の集落跡が複合している。【角川日本地名大辞典】
■ 名生(みょう): 宮城県大崎市古川大崎名生?
■ 明河村(みょうがむら): 江戸時代から明治の半ばにかけて伊予国周布(すふ)郡にあった村名で松山藩領。「戸長役場は十亀伊平宅を使用」とあり、「十亀」の名字がみえる。
■ 名生定(みょうさだ): 宮城県大崎市
■ 三次(みよし): 広島県三次市
■ 三良坂(みらさか): 広島県三次市三良坂町
■ 武佐(むさ): 北海道
■ 武佐(むさ): 滋賀県近江八幡市武佐町
■ 虫生野(むしょうの): 滋賀県甲賀市水口町虫生野
■ 宗岡(むねおか): 埼玉県志木市宗岡
■ 「村井」の地名
■ 牟礼(むれ): 山口県防府市牟礼。香川県本田郡牟礼町。埼玉県大里郡寄居町牟礼、東京都三鷹市牟礼、香川県高松市牟礼町。「ムレ」は「群れる」の意味で、人や物の集合を意味する。
■ 牟礼(むれ): 長野県上水内郡飯綱町牟礼
■ 売布(めふ): 兵庫県宝塚市売布
■ 母子(もうし): 兵庫県三田市母子(もうし)
■ 「最上」の地名
■ 母智丘関之尾県立公園(もちおせきのおけんりつこうえん): 宮崎県都城市
■ 元郷(もとごう): 埼玉県川口市元郷
■ 桃里(ももざと): 静岡県沼津市桃里
■ 百瀬(ももせ): 長野県松本市寿豊丘百瀬
■ 百道(ももち): 福岡県福岡市早良区百道(ももち)
■ 「もり・もうり」の地名
■ 森小手穂(もりおてぼ):  和歌山県和歌山市森小手穂
■ 毛呂(もろ): 埼玉県
■ 毛呂山(もろやま): 埼玉県入間郡毛呂山町 

★ 

■ 八木(やぎ): 東京都八王子市八木町
■ 八木(やぎ):  兵庫県南あわじ市八木
■ 八木(やぎ): 広島県広島市安佐南区八木
■ 八木山(やぎやま): 宮城県仙台市太白区八木山
■ 八木山(やきやま): 岡山県備前市八木山
■ 薬園台(やくえんだい): 千葉県船橋市
■ 谷地(やじ): 福島県石川郡石川町谷地
■ 矢島(やじま): 埼玉県深谷市矢島
■ 夜須(やす): 高知県香南市夜須町。
■ 谷地(やつじ): 高知県土佐市谷地
■ 八代(やつしろ): 熊本県八代市
■ 八基村(やつもとむら): 埼玉県深谷市
■ 矢納(やのう): 埼玉県児玉郡神川町矢納
■ 「山形」の地名
■ 山地(やまち): 和歌山県有田市山地
■ 大和町(やまとまち): 埼玉県和光市(旧大和町)
■ 「山本」の地名
■ 矢本(やもと): 宮城県東松島市(旧矢本町)
■ 八幡の藪知らず(やわたのやぶしらず): 千葉県市川市の葛飾八幡宮の南
■ 山家(やんべ、やまが、さんが): 様々な読みがある。筑前国の山家は(やまえ)読み。筑紫野市?
・ 信濃国小県郡山家郷(やまべのごう)。上総国山家郷(やまいえのごう)は今の千葉県君津市付近。
■ 由比(ゆい): 神奈川県鎌倉市長谷周辺
■ 由比(ゆい): 静岡県静岡市清水区由比
■ 由比ヶ浜(ゆいがはま): 神奈川県鎌倉市由比ガ浜
■ 由比牧(ゆいのまき): 古代に武蔵国にみられた名。
■ 紫合(ゆうだ・ゆうた) → 【詳細
■ 湯檜曽(ゆびそ)  → 【詳細
■ 由比里(ゆひり): 古代、肥前国にみられた条里の里名。
■ 楪城(ゆずりはじょう): 中世の山城で、岡山県新見市にあり新見城とも言った。治承4年新見四郎兵衛尉祐信が、源三位頼政の挙兵に呼応して築いたという。
■ 閖上(ゆりあげ): 宮城県名取市閖上
■ 柚留木郷: 室町時代から大和国にみられた郷名。由留木とも書く。
■ 余戸(ようご): 愛媛県松山市余戸(ようご)【余戸の名字の由来
■ 用土(ようど): 埼玉県大里郡寄居町用土
■ 横須賀(よこすか): 神奈川県横須賀市
■ 与野(よの): 埼玉県さいたま市中央区(旧与野市)
■ 無音(よばらず): 山形県鶴岡市無音
■ 夜交村: 長野県長野市篠ノ井山布施夜交
■ 嫁威(よめおどし): 福井県あわら市柿原嫁威
■ 鼠谷(よめだん): 富山県富山市

★ 

■ 嵐山(らんざん): 埼玉県比企郡嵐山町
■ 陸前高田(りくぜんたかた): 岩手県陸前高田市
■ (りゅう): 高知県土佐市宇佐町竜
■ 竜王(りゅうおう): 山梨県甲斐市竜王
■ 両神(りょうがみ): 埼玉県秩父郡小鹿野町両神(旧両神村)
■ 領家(りょうけ): 埼玉県川口市領家。領家とは実質的な荘園領主を意味する。なお、名義上の荘園領主(寄進先)は本所・本家といった。
■ 霊山(りょうぜん): 福島県伊達市霊山町
■ 連雀町: 埼玉県川越市連雀町(れんじゃくちょう)。群馬県高崎市連雀町(れんじゃくちょう)。
■ 六郷(ろくごう):  秋田県大仙市六郷。 秋田県仙北郡美郷町六郷。

★ 

■ 和合(わごう)
・ 会津地方中部、阿賀川(大川)の西岸に位置する。地内の北東には田村山古墳があり、古鏡などが出土している。【角川日本地名大辞典】
■ 和合(わごう): 秋田県大仙市和合
■ 鷲宮(わしのみや): 埼玉県久喜市鷲宮
■ 「和田」の地名
■ 「渡辺」の地名
■ 綿貫(わたぬき): 群馬県高崎市綿貫町
■ 渡会(わたらい): 三重県渡会郡度会町
■ 亘理(わたり): 鳥取県
■ (わらび): 埼玉県蕨市

最終更新日 2017/04/18
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示