山形の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 山形の地名の由来
消えた地名「山形」編 山形の古地図を読む
山形の小字地名集  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 相生町(あいおいちょう): 山形市相生町 
■ 秋田(あいた): 出羽国飽海郡秋田(あいた)の郷。酒田市日吉町(旧秋田町)付近。町名は秋田街道に沿うことに由来するという説と、酒田町年寄永田若狭が秋田より来住したことにちなむという説とがある。
■ 青田(あおた): 山形市青田・山形市青田南・山形市東青田。出羽国最上郡粟生田郷(山形市青田)。かつては粟生田と書いた。下大山荘に属する。
■ 青野(あおの): 山形市青野
■ 青柳(あおやぎ): 山形市青柳
■ 青柳(あおやぎ): 山形市青柳。村山高瀬川下流沿岸に位置する。低湿地帯であるため池沼が多く、灌漑用水や養鯉に利用されている。地内には最上義光の家臣長谷川長右衛門の居館跡がある。【角川日本地名大辞典】
■ 赤崩(あかくずれ): 米沢市赤崩(あかくずれ)
■ 赤倉温泉(あかくらおんせん): 山形県最上郡最上町大字富沢
■ 明石堂(あかしどう): 山形市明石堂
■ 赤芝峡(あかしばきょう): 西置賜郡小国町
■ 蝋燭(あかし)町: 山形市蝋燭(あかし)町。
■ 赤山(あかやま): 上山市楢下字赤山
■ あこや町(あこやちょう): 「阿古屋の松」に由来するか?
■ 浅立(あさだち): 山形県西置賜郡白鷹町浅立
■ あさひ町(あさひまち): 山形市あさひ町
■ 莇平(あざひら): 出羽国田川郡越中山に莇平(あざひら)村があった。
■ 芦沢(あしざわ): 尾花沢市芦沢
■ 安土(あづち): 鶴岡市五十川安土は旧安土村。
■ 温海(あつみ): 山形県鶴岡市
■ 左沢(あてらざわ): 西村山郡大江町左沢(大江町の中心地)
■ あふらこはやし(あぶらこはやし): 南陽市大字大橋字油小林
■ 油戸(あぶらと): 山形県鶴岡市油戸
■ 余目(あまるめ): 山形県庄内町余目
■ 阿弥陀 : 山形市
■ 鮎貝(あゆかい):  山形県西置賜郡白鷹町鮎貝。
■ 荒窪(あらくぼ): 山形県東置賜郡川西町下奥田荒窪
■ 新宿(あらじゅく): 西村山郡朝日町
■ 荒楯(あらたて): 山形市荒楯町(「あらだて」だと思ったら「あらたて」か)
■ 改目(あらため): 西村山郡河北町改目
■ 荒砥(あらと):  山形県西置賜郡白鷹町荒砥
■ 飯田(いいだ): 山形市飯田
■ 伊佐(いさ): 山形県長井市伊佐沢(いさざわ)、山形県西置賜郡小国町大字伊佐領(いさりょう)
■ 石関(いしぜき): 山形市石関
■ 五十鈴(いすず): 山形市五十鈴
■ 板谷(いたや): 山形県米沢市板谷
■ 市野々(いちのの): 山形県尾花沢市市野々。山あいに入り込んだ緩傾斜地のこと。
■ 犬川(いぬかわ): 山形県東置賜郡川西町西大塚犬川
■ 犬馬場(いぬばば):  山形県上山市金谷犬馬場。
■ 猪子(いのこ): 山形県東田川郡三川町猪子
■ 猪野沢(いのさわ): 東根市大字猪野沢。近くに蛇骨(じゃこつ)峠がある。峠の下にある岩崎地区に伝わる、盲人と大蛇の伝説に由来する。かつては、井沢、居沢と書いた。
■ 今泉(いまいずみ):  山形県鶴岡市今泉。山形県長井市今泉。
■ 五百川(いもがわ): 山形県西村山郡朝日町の旧西五百川村。
■ 五十川(いらかわ): 鶴岡市山五十川・鶴岡市五十川・長井市五十川
■ 五十沢(いらさわ): 尾花沢市五十沢
■ 入生田(いりうだ): 山形県東置賜郡高畠町入生田。古くは出羽国置賜郡屋代郷に属し、蒲生氏領→上杉氏領→米沢藩領。
■ 岩波(いわなみ): 山形市岩波
■ 岩野(いわの): 村山市岩野は江戸時代の上野(うわの)村に由来する。
■ 鶯沢 : 東村山郡中山町
■ 歌丸(うたまる): 山形県長井市歌丸
■ 内表(うちおもて): 山形市内表
■ 宇津峠(うつとうげ): 国道113号線
■ 馬神(うまがみ):  山形県西村山郡朝日町馬神。馬頭観音に由来すると言われる。
■ 「梅」の地名
■ 梅野木前(うめのきまえ): 山形市梅野木前 
■ 漆山(うるしやま): 山形市漆山
■ 上町(うわまち): 山形市上町。上条町とも称した。城下の南西端、五日町の西に接し羽州街道の入口にあたる。南館(みなみだて)村境には入口柵が設けられていた。【角川日本地名大辞典】
■ 江地(えじ): 山形県飽海郡遊佐町江地。江地は川の所という意味。またアイヌ語で岬を意味する。
■ 海老鶴(えびづる): 東根市海老鶴
■ 江俣(えまた): 山形市江俣
■ 円応寺町(えんのうじまち): 山形市。 真言宗智山派 大慈山 圓應寺(円応寺)に由来する。
■ 追散(おいちらし): 山形県山形市追散(おいちらし)
■ 老野森(おいのもり): 山形県天童市老野森。
■ 大網(おおあみ): 山形県鶴岡市大網
■ 大井沢(おおいさわ): 山形県西村山郡西川町大井沢
■ 大久保(おおくぼ): 山形県村山市大久保
■ 大蔵村(おおくらむら): 山形県最上郡大蔵村。かつての領主の清水大蔵大輔にちなむ。
■ 大暮山(おおくれやま): 山形県西村山郡朝日町大暮山。
■ 大曽根(おおそね): 山形県山形市上反田
■ 大槇(おおまき): 山形県村山市大槇
・ 大真木とも書く。村山地方、山形盆地の北部、最上川に樽石川が合流する地点に位置する。【角川日本地名大辞典】
■ 大道端(おおみちばた): 山形市大道端(門伝のあたり)
■ 置賜(おきたま、おいたま): 山形県東・西置賜郡
■ 荻野戸(おぎのと): 天童市荻野戸。荻野戸は荻野塔、荻戸とも書いた。
■ 萩袋(おぎのふくろ): 尾花沢市萩袋。おぎは湿地、袋は袋状の地形を意味する。
■ 沖町(おきまち): 山形市沖町。昭和45年に土地改良事業により成立した町名で、地名は長町の小字名にちなむ。【角川日本地名大辞典】
■ 送橋(おくりはし): 西村山郡朝日町
■ 若木山(おさなぎやま): 山形市東根市
■ 押切(おしきり): 西村山郡河北町押切
■ 小白府(おじらふ): 上山市小白府。小白府(おじらふ)は尾白府とも書いた。
■ 小田島(おだしま): 山形県新庄市小田島町
■ 小立(おだち): 山形市小立。旧小立村で昭和22年に滝山村の大字となる。
■ 落合(おちあい): 山形市落合
■ 落伏村(おちふしむら): 山形県飽海郡遊佐町直世落伏(おちふし)。江戸時代から明治の初頭にかけて出羽国遊佐郡(後に飽海郡)にみられた村名で、鳥海山西麓に位置する。
■ 御手作(おてさく): 山形市御手作(本沢小学校付近)
■ 落衣(おとも):  山形県寒河江市柴橋落衣
■ 朧気(おぼろげ): 出羽国村山郡朧気村(尾花沢市朧気)。朧気川。
■ 小見(おみ): 山形県西村山郡大江町小見
■ 面白山(おもしろやま): 
■ 鬼面川(おものがわ): 山形県米沢市。
■ 御守町(おもりまち): 江戸時代から昭和にかけて山形県米沢市にみられた町名。地名の由来は、上杉謙信・景勝の身辺を警護した御守衆が住んでいたことにちなむ説、お守組と称する下級武士が居住していたためという説がある。【角川日本地名大辞典】
■ 温泉町(おんせんまち): 東根市温泉町

★ 

■ 海味(かいしゅう): 山形県西村山郡西川町海味
■ 顔好(かおよし): 山形県西村山郡大江町大字顔好【顔好の名字の由来
■ 風間(かざま): 山形市風間
■ 柏倉(かしわぐら): 山形県山形市柏倉。古くは柏蔵とも書いた。
■ 春日町(かすがちょう): 山形市春日町
■ 香澄町(かすみちょう): 山形市香澄町
■ 片谷地(かたやち): 山形市片谷地
■ 月山(がっさん): 
■ 金井(かない): 山形市金井地区。山形市内の井戸水は金気を含んでいることが多い。金は鉄分を表し、金気の水が湧き出ることに由来する。
■ 金瓶(かなかめ): 山形県上山市金瓶。
■ 「金沢」の地名
■ 釜淵(かまぶち): 山形県最上郡真室川町釜渕
・ 沼や川や沢の淵が、釜を伏せたような形の地形に由来する。ただし、「かま」も滝、渕を意味する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 上新田(かみにいだ): 米沢市上新田
■ 上柳(かみやなぎ): 山形市。青柳の東側。
■ 加茂(かも): 山形県鶴岡市加茂。古くは賀茂とも書いた。京都の賀茂に由来する説と、顔港にちなむという説がある。中世以来庄内平野の玄関の1つとしての商港として、また武藤氏の拠城である尾浦城の外港としての役割を果たしていた。
■ 河島(かわしま):  山形県村山市河島。地名は合併各村の合成地名による。
■ 川土居(かわどい): 山形県西村山郡西川町大字吉川。旧川土居村。「土居」は「土堤」のことを意味する。また「カムトイ」というアイヌ語に由来するという説もある。「カム=神」「トイ=集う所」で「神が集う場所」の意味。
■ 勧進代(かんじんだい): 山形県長井市勧進代。勧進代は火神台(出羽国置賜郡下長井火神台郷)とも書いた。「くはさんたい」と呼ばれ、火神代とも書かれた。
※ 烽火台とは違うんだよな?
■ 神尾(かんのう): 山形市神尾(かんのう)
■ 北作(きたさく): 東村山郡山辺町
■ 北町(きたまち): 山形市北町(昭和39年頃に区画整理によりできた町。以前は「宮町字柳橋」「宮町字天狗橋」などといった。北町二丁目にはかつて、天狗食堂があった。」。村山市楯岡北町。上山市北町。新庄市北町。
■ 北山形(きたやまがた): 奥羽線北山形駅。山形市北山形(北山形駅の西側一帯)
■ 行才(ぎょうさい): 山形市
■ 京田村(きょうでんむら): 
・ 山形県飽海郡遊佐町遊佐京田。江戸初期に福升(ふくます)村と改称。
・ 山形県鶴岡市京田周辺。「京田」の地名の由来は羽黒山領の経田を意味する説、大宝寺氏の給田が転訛したとする説、京都方面からの資本導入によって開拓されたことによるとする説などがある。【角川日本地名大辞典】
・ 山形県酒田市京田。山形県東田川郡庄内町京島京田。
■ 切畑(きりはた): 「切畑」の地名
■ 椹沢(くぬぎざわ): 山形市上椹沢。
■ 久野本(くのもと): 山形県天童市久野本。九之本とも書いた。
■ 窪田(くぼた): 山形県米沢市窪田町窪田
■ 畔藤(くろふじ): 山形県西置賜郡白鷹町畔藤。黒藤とも書いた。
・ 黒藤郷: 戦国時代から出羽国置賜郡下長井にみられた郷名。
■ 小穴(こあな): 山形県上山市小穴。
■ こあら: 山形県酒田市こあら。
■ 小岩沢(こいわさわ): 山形県南陽市小岩沢。小湯沢とも書いた。置賜(おきたま)地方、北川と前川が合流する付近に位置する。地名の由来は、岩部山・黒森山・大洞山などの山間部を前川が北流する地形によるとされている。【角川日本地名大辞典】
■ 高豆蒄(こうずく): 山形県東置賜郡川西町高豆蒄。高津久、高豆久、高豆荳蒄、高豆冠とも書いた。「豆蒄」は薬用植物の名前。中世の「かうつくの郷」。
■ 高安(こうやす):  山形県東置賜郡高畠町高安。出羽国置賜郡屋代荘に属し「かうやす」と呼んだ。
■ 黄金(こがね): 山形市黄金(東北中央道の山形中央ICの付近)
■ 碁点(ごてん): 山形県村山市碁点。付近の最上川の川底が、碁石を並べたように岩が突起していることに由来する。
■ 小波渡(こばと): 山形県鶴岡市小波渡。かつては小波戸とも書いた。西に岩山があって、通行できないので、隣の堅苔沢(かたのりざわ)にも船を使った。「小波を渡る」に由来する。また「波渡」とは「はとば」の「はと」を意味するとも言われる。
・ 「こばた(古場、小畑、木幡)」の換え字で、「焼き畑」のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 牛房野(ごぼうの): 山形県尾花沢市牛房野。谷あいの小平地を意味する。
■ 小増川(こますかわ)
■ 小松(こまつ): 山形県東置賜郡川西町小松
・ 松を植林する苗畑のあるところにつけられる全国に多い地名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 菰石(こもいし): 山形市こも石(山形市立高楯中学校から仙山線をはさんで東南付近)。
■ 小屋(こや): 飯豊町小屋(BSジャパン にっぽん原風景紀行によると、かつては50戸くらいあったが今は7戸とか)

★ 

■ 才津 : 山形市
■ 蔵王山(ざおうさん): 
■ 早乙女(さおとめ):  山形県山形市早乙女。元は大野目町・上山家(かみやんべ)町・高原町の各一部。昭和44年に土地改良事業により成立。【角川日本地名大辞典】
■ 堺田(さかいだ): 山形県最上郡最上町堺田。境田とも書き、出羽と陸奥の国境に由来する。
■ 境田町(さかいだまち): 山形市。
■ 寒河江(さがえ): 寒河江市(西村山地方の中心都市)
■ 酒田(さかた): 酒田市(庄内地方北部の中心都市で港町)
■ 肴町(さかなまち): 山形市肴町。明治9年頃からの地名のようだ。北肴町と新肴町が合併して成立?
■ 作谷沢(さくやざわ): 山形県東村山郡山辺町大字簗沢の作谷沢地区。旧作谷沢村。「北作」「簗沢」「畑谷」が合併して一字づつとった。
■ 「桜」の地名
■ 桜田(さくらだ): 山形市桜田
■ 鮭川(さけがわ): 山形県最上郡鮭川村。鮭川の河川名に由来し、「鮭の遡上する川」とも考えられるが、「さけ(裂)」+「かわ(川)」で、「崩れやすい川岸の川」と考える方が自然。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
■ 幸生(さちう): 寒河江市大字幸生。幸生には銅山があった。
■ 去手呂(さってろ): 山形市志戸田去手呂
■ 佐渡(さど): 山形県内の主な「佐渡」の地名。山形県鶴岡市谷地興屋佐渡、山形県酒田市新出佐渡、山形県最上郡鮭川村佐渡、山形県飽海郡遊佐町小松佐渡、山形県東田川郡庄内町西袋佐渡向。「佐渡(さど)」は狭門(さと)、迫門(さと)。つまり狭い門のこと。
■ 佐野原(さのはら):  山形県西置賜郡白鷹町佐野原。左野原とも書いた。
■ 沢畑(さばた): 山形県西村山郡河北町谷地沢畑。縄文中期の集落跡である沢畑遺跡がある。
■ 沢渡(さわたり): 昔、東根市から天童市にかけて沢渡村があった。白水川の沢を渡って東根と関山を結んだことに由来するが、他説有り。
■ 沢丁(さわちょう): 山形県上山市沢丁。
■ 三社(さんしゃ): 山形市
■ 三瀬(さんぜ) 山形県鶴岡市三瀬
■ 三本柳(さんぼんやなぎ): 山形県西置賜郡飯豊町大字萩生字三本柳。戦国時代に出羽国置賜郡下長井にみられる地名。【角川日本地名大辞典】
■ 志鎌(しかま): 山形市志鎌(山形市の竹田西部幼稚園の西側)
■ 志津(しづ): 山形県西村山郡西川町志津。清水から転化した。湧水地名。
■ 志戸田(しとだ): 山形県山形市志戸田。宮城県富谷町の志戸田は四斗田とも書くから、似たような由来か?
■ 科沢(しなざわ): 山形県東田川郡庄内町科沢。砂沢(砂の多い沢)、篠沢(篠の生い茂った沢)の転訛
■ 次年子(じねご): 山形県北村山郡大石田町次年子(じねんご)。「じねんご」ともいい、二年子とも書いた。山形県内では、普通「じねんご」と呼びますねぇ。
■ 信夫町(しのぶまち): 山形県米沢市信夫町。地名の由来は、米沢藩が寛文4年に30万石から15万石に減封された際、信夫郡から移ってきた士族が居住したことによる。【角川日本地名大辞典】
■ 柴橋(しばはし): 山形県寒河江市柴橋。
■ 渋江(しぶえ): 山形市
■ 嶋・島(しま): 山形市嶋北・山形市嶋南・西村山郡河北町谷地字嶋・寒河江市大字島。山形市嶋(平成20年頃の区画整理によりできた町。で嶋遺跡に由来する)
■ 島貫(しまぬき): 山形県南陽市島貫。嶋貫とも書いた。吉野川の洲(島)を開田するため、集落の中央に一条の水路を打ち貫いた。
■ 地見興屋(じみこうや): 山形県酒田市地見興屋。地見興野、地見興谷とも書いた。源義経の東下りの時に、当地に立ち寄り、蝉が多く鳴くのを聞き、蝉小屋と名付けた。それが転訛した。
■ 清水(しみず): 最上郡大蔵村清水。清水の名字の由来の地のひとつ。
■ 七五三掛(しめかけ): 鶴岡市旧朝日村大網地区。掛=崖のこと。平成21年2月25日に七五三掛地内で地すべりが発生。
■ 下条町(しもじょうまち): 古くからの地名で、旧寒河江街道沿いにある集落を中心とする。
・ 下(した)町とも称す。下条町となる年次は不詳であるが、元禄年間には下条町と称している。【角川日本地名大辞典】
■ 下新田(しもにいだ): 米沢市下新田
■ 下安 : 山形市
■ 下柳(しもやなぎ): 山形市。青柳の東側。
■ 蛇口(じゃぐち): 昔、出羽国置賜郡に蛇口村があった。たぶん、山形県東置賜郡高畠町蛇口で、蛇ノ口とも書いた。
・ その他の「蛇口」の地名: 岩手県九戸郡軽米町蛇口、福島県福島市山田蛇口、福島県二本松市針道大蛇口、福島県田村市都路町古道蛇口前、福島県南会津郡下郷町音金蛇口、福島県西白河郡西郷村小田倉蛇口。
■ 十王(じゅうおう):  山形県西置賜郡白鷹町十王。かつては拾王とも書いた。村名は村中央部の十王堂に由来すると言われる。
■ 十八才(じゅうはっさい): 山形県西村山郡大江町大字十八才。月布川の下流から18番目の支流の沢。十八沢から転訛
■ 十部一峠(じゅうぶいちとうげ): 山形県寒河江市と山形県最上郡大蔵村との境。
■ 清池(しょうげ): 天童市清池。「しょうげ」とは、「荘外」のことで、「成生荘」の「外郷」を意味する。
※ 昔、これを「きよいけ」って読んでたなぁ。地名って、漢字をみてもわからないことが多く、この様に読みが大切なんだよな。
■ 城南町(じょうなんまち): 山形市城南町。昭和38年当時の表記は「南追手前」となっている。
■ 城北町(じょうほくまち): 山形城趾(霞城公園)の北側と旧寒河江街道の間に拡がる古くからの街。
■ 常明寺(じょうみょうじ): 山形市常明寺
■ 少連寺(しょうれんじ): 山形県鶴岡市少連寺。勝連寺・正蓮寺・青蓮寺・少蓮寺・小蓮寺とも書いた。地名は西部山地の麓にあり廃寺となった正蓮寺に由来するといわれる。【角川日本地名大辞典】
■ 白岩(しらいわ): 寒河江市白岩。北寒河江荘に属し、古くは白谷、白磐とも書いた。
■ 白兎(しろさぎ):  山形県長井市白兎(しろうさぎ)。かつて白兎を領主に献上していたことに由来すると言われる。
■ 白鳥(しろとり): 山形県村山市白鳥 → 詳細
■ 城西町(しろにしまち): 山形城趾(霞城公園)の西側に拡がる新興住宅街。
■ 城西村(しろにしむら): 明治22〜24年に山形県南村山郡にみられた村名。飯塚・上椹沢(かみくぬぎざわ)・下椹沢の3か村が合併して成立。当初は役場を上椹沢に設置したが村長が飯塚に移転することを企画。その結果勢力争いが生じ、2年足らずで飯塚村と椹沢村に分村。
■ 城森(しろもり): 山形市
■ 新田(しんでん): 山形市陣場新田。東田川郡三川町横川新田、押切新田、成田新田。東田川郡庄内町沢新田。東根市名和新田。酒田市酒井新田、山谷新田。酒田市坂野辺新田。鶴岡市茨新田。
■ 陣馬新田(じんばしんでん): 山形市
■ 陣場町(じんばまち): 古くからの地名で、旧寒河江街道沿いにある集落を中心とする。
■ 神町(じんまち): 東根市神町。神町は古くは新町とも書いた。
※ 新しく作られた町の佳字ですかねぇ。でも、若木神社があるからそれから「神の町」で神町となった?
■ 須川(すかわ): 
■ 杉下村(すぎしたむら):  山形県東村山郡山辺町杉下。江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽(羽前)国村山郡にみられた地名。当初は最上氏領、元和8年山形藩領、正保元年幕府領(寒河江代官所支配)、天和2年村山藩領、元禄6年再び幕府領(寒河江代官所支配)、延享元年米沢藩預り地、宝暦3年再び幕府領(長瀞代官所支配)、明和4年再び山形藩領、幕末期からは上野館林藩領となる。【角川日本地名大辞典】
■ 菅沢(すげさわ): 山形市菅沢。菅のはえる沢。
■ 鮨洗(すしあらい): 山形市大字鮨洗
■ 鈴川(すずかわ): 山形市鈴川町
■ 砂子関(すなごぜき): 山形県西村山郡西川町砂子関。昔、関所があり、土地が痩せて、砂利が多かった。
■ 砂塚(すなづか): 山形市砂塚
■ 李山(すももやま): 山形県米沢市李山(すももやま)。
■ 清助新田(せいすけしんでん): 寒河江市清助新田。左沢線の羽前高松駅の西側。開発者の佐藤清助に由来する。
■ 関根(せきね): 山形県米沢市関根
・ 堰のことで、羽黒川の取水口に開けた集落。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 摂待(せったい): 出羽国村山郡東五百川郷接待(山形県東村山郡山辺町畑谷摂待?)
■ 瀬見温泉(せみおんせん): 最上郡最上町瀬見・最上郡最上町大字大堀瀬見。文治3年に源義経らが源頼朝の追討を逃れて平泉(岩手県)に落ち延びる時に武蔵坊弁慶が付近の岩陰に瀬見という薙刀を突いて発見したといわれ、温泉名はこの伝説に由来する。
■ 千刈(せんがり): 山形市千刈
■ 千石(せんごく): 山形市千石(山形北IC付近)
■ 添川(そえがわ): 山形県西置賜郡飯豊町添川。副川とも書く。置賜(おきたま)地方、最上川上流置賜白川右岸に位置する。地名は当地が置賜白川に沿い、東西に広がる地域であることに由来するという。【角川日本地名大辞典】
■ 双月町(そうづきまち): 山形市双月町
■ 袖崎(そでさき): 山形県村山市
・ 山林や川などに向かって出っ張った所の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 反町(そりまち): 山形市反町(山形市立八中付近)
■ そり町(そりまち): 戦国時代に出羽国置賜郡下長井高たま郷南方にそり町があった。山形県西置賜郡白鷹町大字高玉字雪舟(そうり)町?。

★ 

■ 田井(たい): 西村山郡河北町大字田井
■ 大野目(だいのめ): 陸奥按察使の大野東人に由来すると言われる。
■ 高原(たかはら): 山形市高原
■ 高屋(たかや): 山形県寒河江市高屋。地名は大江時氏の二男の元詮が地内に楯を築き高屋六郎元詮と称したことに由来するという。【角川日本地名大辞典】
■ 滝山(たきやま): 山形市滝山。
■ 立谷川(たちやがわ): 立谷川は古くは阿蘇川といった。
■ 楯岡(たておか): 村山市楯岡(村山市の中心地)。付近にある楯山の麓(岡)に開けた集落に由来する。
■ 伊達城(だてじょう): 山形県山形市伊達城。最上家と伊達家が対峙したときに伊達家の陣がおかれたことに由来する。
■ 玉庭(たまにわ): 東置賜郡川西町大字玉庭
■ 玉虫沼(たまむしぬま): 山辺町大字大蕨荒谷。山野辺城主に仕えた美少女の玉虫が、他の女中達の妬みをかって、城を追われ、沼に身を投げて死んだ伝説。
■ 田麦俣(たむぎまた): 鶴岡市田麦俣
■ 達磨寺(だるまじ): 東村山郡中山町
■ 太郎(たろう): 西村山郡朝日町大字太郎。多郎、多良と書いた。平(たいら)から転訛した。
■ 壇野前(だんのまえ): 山形市壇野前
■ 近田: 山形市。山形北ICの東側。
■ 千歳(ちとせ): 山形市千歳。古くからの地名。
■ 津金沢(つがねざわ): 山形市津金沢
■ 塚野目 : 山形市
■ 月楯(つきだて):  山形県最上郡最上町月楯。当地を開いた田沢内匠の御殿として郷人が築いたと伝えられる月見楯に由来すると言われる。
■ 津久茂(つくも): 山形県東置賜郡高畠町夏茂津久茂。
■ 土橋(つちはし): 東村山郡中山町
■ 椿(つばき): 西置賜郡飯豊町椿。薬師如来が椿の木の上に鎮座していた。当初は豊原村といった。置賜農業高校飯豊分校は昭和39年に、飯豊町役場は昭和54年に萩生から椿に移転した。
■ (つぼね): 山形県酒田市局
■ 津谷(つや): 山形県最上郡戸沢村津谷
・ 最上川に船着き場を作ったことを示す「津」。「谷」は湿地を意味する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 鶴子(つるこ): 山形県尾花沢市鶴子。
■ 鶴脛(つるはぎ): 上山市鶴脛町
■ 手ノ子(てのこ): 西置賜郡飯豊町大字手ノ子
■ 寺津(てらづ): 天童市大字寺津。寺津は古くは須川尻と言った。
■ 天神町(てんじんちょう) : 山形市天神町。七中脇。
■ 天童(てんどう): 天童市
■ 十日町(とうかまち): 山形市十日町
■ 手向: 山形県鶴岡市羽黒町手向(とうげ)。神仏や死者の霊に物を供える「手向け(たむけ)」に由来する。「峠(とうげ)」の語源と言われる。
■ 藤吾(とうご): 上山市藤吾。藤五、東郷とも書いた。
■ 藤治屋敷(とうじやしき): 山形市藤治屋敷(東北中央道の山形中央ICのランプの中)
■ 藤助新田(とうすけしんでん): 東根市藤助新田。谷地城主であった白鳥十郎の家老の真木藤助が江戸時代初期に開いた。河北町民ゴルフ場の東側一帯。
■ 塔の前(とうのまえ): 山形市塔の前(山形市の穂積バイパスの東側付近)
■ 銅町(どうまち): 山形市銅町。山形鉄器で有名。
■ 道満(どうまん): 天童市道満
■ 銅谷口(どうやぐち): 山形市銅谷口(国道112号線の内表公民館の東側付近)。昭和43年土地改良事業により成立。
■ 土海在家(どかいざいけ): 山形県村山市白鳥土海在家。なんでも地元では「どがじゃき」と読むらしい。
■ 富神前(とがみまえ): 山形市
■ 時田(ときだ):  山形県東置賜郡川西町時田
■ 時庭(ときにわ):  山形県長井市時庭。鴇谷とも書いたそうで、これも鴇(朱鷺・とき)由来かな?
■ 常盤(ときわ):  山形県西村山郡朝日町常盤。
■ 毒沢(どくさわ): 尾花沢市毒沢。「どく」は、曲がりくねった場所をあらわす。
■ 戸沢(とざわ): 山形県最上郡戸沢村。近世の新庄城主の戸沢氏に由来する。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
■ 栃窪(とちくぼ):  山形県西置賜郡白鷹町栃窪。たぶん、窪んだ地形に由来するんだろうねぇ。
■ 土生田(とちゅうだ):  山形県村山市土生田。橡生田とも書いた。
■ 富並(とみなみ): 村山市富並。富並は旧富並村で、駒井村を改称した。楯山(字深沢)に鬼甲城(後に富並城)跡があり、戦国時代には最上家の家臣の留並彦一郎の領地であった。最上家が断絶の後は富並彦一郎は陸奥仙台藩の伊達氏の家臣となった。
■ 富の中(とみのじゅう): 山形県山形市富の中
■ 百目鬼(どめき): 山形市百目鬼。山形市の西公園付近。
■ 豊風 : 山形市。風間の東側。
■ 樋越(とよごし): 山形市
■ 鳥越(とりごえ): 新庄市鳥越。源義経の東下りの時に、暁に鶏の鳴き声を聞きながら通り過ぎたことに由来する。

★ 

■ 長岡(ながおか): 天童市長岡
■ 長表 : 山形市
■ 中郷(なかごう): 寒河江市中郷
■ 長崎(ながさき): 山形県東村山郡中山町長崎。東西に細長く集落が存在し、長い崎(みさき)のように見えたことに由来する。
・ 長崎(ながさき): 最上川と沼沢にはさまれ、東西に細長く集落が立地する。地名は長い崎(みさき)のように見えたことにちなむという。中山氏7代継信が沼尻郷と呼ばれた最上川の湿原地帯を開拓し、至徳元年長崎に楯を築いたという。長崎楯は南北朝期には北朝方の最上氏と南朝方の大江氏の覇権を争う境界線守備の役割を果たしたが、同様の状態は戦国末期まで続いた。中山氏は天正12年最上氏に属した。【角川日本地名大辞典】
・ 須川に沿って長い岬状の地形になっていることに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 中津川(なかつがわ): 山形県西置賜郡飯豊町上原。最上川上流置賜白川流域に位置する。中津川地区という地名はあるが、中心地の上原を含めた一体を指す。
・ 中津川郷: 戦国時代から出羽国置賜郡下長井に見られた郷名。当郷の地頭領主として、石母田安房守・上郡山民部大輔・中津川大膳・同伯耆守・同三郎四郎などの名がみえる。
■ 長瀞(ながとろ):  山形県東根市長瀞。山形盆地北部の最も標高の低い湿地帯であったことに由来する。
■ 長瀞(ながとろ):  山形県南陽市長瀞。「光保里観世音縁起」(宮内文化史資料)に、「洪水にて度々庭に泥あがり、泥を払うこと度々なるにより長泥村と言い伝えた」とあり。【角川日本地名大辞典】
■ 長苗代(ながなわしろ): 山形市長苗代(山形市水道部の南側付近)
■ 中野(なかの): 山形市中野。中野の名字の由来の地のひとつ。
■ 中山(なかやま): 山形県上山市中山
・ 山と山の間の小盆地状の集落につけられた自然地名。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 名川(ながわ):  山形県鶴岡市。戦国時代に出羽国櫛引郡にみられた地名。
■ 中渡(なかわたり): 山形県最上郡鮭川村中渡中渡。中ノ渡(ながなだり)ともいう。最上地方、曲川(まがりがわ)の中流、小高い台地の下に位置し、地内には縄文時代の小和田遺跡がある。【角川日本地名大辞典】
■ 名木沢(なぎざわ): 尾花沢市名木沢。名木沢は名儀沢とも書き、窪地の地形に由来する。
・ 名木沢(なぎさわ): 山形県尾花沢市名木沢。当初は福原村。
・ 名木沢村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽国村山郡にみられた村名。宿駅として整備されたのは寛永年間とみられる。当宿の本陣問屋は国分織部で、幕末期まで国分氏が世襲し、名主も兼務し、また番所も屋敷内にあった。国分氏は、戦国期における塩ノ沢楯(現大石田町)の楯主日野備中の家老の子孫といわれ、宿駅の成立期に本陣屋敷のあった当地に移ったという。【角川日本地名大辞典】
■ 山刀伐峠(なたぎりとうげ): 遠くからみると、峠の形が猟師のかぶる頭巾「なたぎり」に似ていることによる。
■ 七十刈(ななじゅうがり): 山形市七十刈(山形JCTの南付近)
■ 七曲村(ななまがりむら): 江戸時代に庄内地方に七曲村(ななまがりむら)があった。山形県飽海郡遊佐町吹浦七曲。
■ 七日町(なぬかまち): 山形市七日町。たしか会津若松にも七日町がありますが、あちらは「なのかまち」読み。でも、山形の七日町も地元では「なのかまち」と読むケースが多いんじゃないかなぁ。
■ 並柳(なみやなぎ): 山形市並柳(村木沢郵便局の西側)
■ 滑川(なめかわ): 山形市滑川
■ 行沢(なめざわ):  山形県鶴岡市行沢。
■ 楢下(ならげ): 山形県上山市楢下
■ 成生(なりう): 天童市成生。熟した田の意味。天童成生のあたりは、かつては安曽郡といわれた。立石寺は、羽州最上安曽郡成生庄宝珠山立石寺と書かれている。
・ 成生(なりう): 山形県天童市成生。成生は熟田の意味であり、平安期以降成生荘の中心地であった。城館跡としては南北朝期に里見氏・斯波氏が、戦国末期には成生伯耆守が居館としたという成生楯跡がある。【角川日本地名大辞典】
■ 成生荘(なりうのしょう): 平安時代末期から戦国時代に見える荘園名。「和名抄」に見られる古代の最上郡阿蘇郷と言われる。現在の天童市全域と山寺などの山形市の一部を含む地域と言われる。
■ 成沢(なりさわ): 山形市成沢・山形市蔵王成沢。鳴沢楯趾がある。鳴沢楯趾は泉出楯とも書いた。成沢は鳴沢とも書いた。
■ 成安(なりやす): 山形市。
■ 成島(なるしま): 山形県米沢市成島町
・ 「なる」は緩斜地のこと。そういう地形の島状の土地。あるいは鬼面川の川の瀬の「鳴る」土地ともいう。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 二井宿(にいじゅく): 高畠町二井宿は新宿とも書いた。
■ 新山(にいやま): 山形県山形市新山。
・ 新山村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽国村山郡(山形県南村山郡)にみられた村名。江戸時代中期にそれまでの焼山(やけやま)村から改称。【角川日本地名大辞典】
■ 二色根(にいろね): 南陽市二色根は丹色根とも書いた。慈覚大師が二色(青白)の光を放す、火石薬師仏如来仏を発見して薬師堂を建てた。他説あり。
■ 荷口(にくち): 山形県東根市荷口。当地が湖水のころ通船の積荷場であったことに由来する。
■ 西田(にした): 山形市西田。「にしだ」じゃなく「にした」に注意。
■ 日塔(にっとう): 東根市日塔。
■ 丹生(にゅう): 山形県尾花沢市丹生。「にゅう」は赤土をあらわす。
■ 糠野目(ぬかのめ): 東置賜郡高畠町大字糠野目
■ 貫津(ぬくづ): 天童市貫津はかつては温津と書いた。
■ 根際(ねぎわ): 山形県東村山郡山辺町根際
■ 野黒沢(のくろざわ): 山形県尾花沢市野黒沢。当地域一帯の地質が洪積層の火山灰を含む黒色の土壌であることに由来する。
■ 及位(のぞき): 最上郡真室川町大字及位
■ 莅(のぞき): 山形県東置賜郡川西町莅

★ 

■ 馬合(ばあい): 山形市馬合。
■ 灰塚(はいづか): 山形市灰塚
■ 芳賀(はが): 天童市芳賀。芳賀郷は最上郡八郷の一つ。
■ 萩野(はぎの、おぎの): 山形県新庄市萩野、山形県西置賜郡白鷹町萩野など。萩の生えている原野に由来すると言われる。
■ 萩袋(はぎのふくろ): 尾花沢市萩袋
■ 萩生(はぎゅう): 西置賜郡飯豊町萩生
■ 白山島(はくさんじま): 鶴岡市由良
■ 羽黒堂(はぐろどう): 山形市羽黒堂(沼木温泉付近)
■ 馬上台(ばじょうだい): 山形市馬上台
■ 長谷堂(はせどう): 山形市長谷堂。平安時代に城山に長谷観音が勧請され、堂が建てられたことに由来する。
■ 旅篭町(はたごまち): 山形市旅篭町。羽州街道が鉤形に通じ、陸奥弘前藩本陣の後藤屋、秋田藩本陣の小清水庄蔵以下佐久間屋・藤屋など多数の旅籠屋があった。【角川日本地名大辞典】
■ 服部(はっとり): 山形県山形市服部。見崎の浄水場の近く。
■ 花楯町(はなだてまち): 山形市
■ 羽入(はにゅう): 山形県東根市羽入。
■ 浜崎(はまざき): 山形市浜崎
■ 針生(はりう):  山形県西置賜郡小国町針生。「はり」は開墾を意味し、「治」などの字をあてた。新しく開墾した土地を意味する。
■ 針生(はりゅう):  山形県西置賜郡白鷹町針生。
■ 万世(ばんせい): 山形県米沢市万世町。
■ 東篭野町(ひがしかごのまち): 山形市
■ 東原町(ひがしはらまち): 山形市東原町
■ 肘折(ひじおり): 最上郡大蔵村肘折
■ 菱沼(ひしぬま): 出羽国櫛引郡菱沼村(山形県東田川郡三川町菱沼)。
■ 美女木(びじょぎ): 山形県東置賜郡川西町上小松美女木。「美女」は災害地名の一つと言われる。【美女木
■ 桧町(ひのきちょう): 山形市桧町(昭和56年頃の区画整理によりできた町。桧町と名付けられた前からあったヤマザワは桧町だが北町店という)
・  桧町: 土地改良事業により「土樋」「桧木町」という地名が誕生。後に、公募により町名を募集したが、その結果、以前の町名の「桧木町」から「木」を除いた「桧町」に決定した。
■ 平久保(ひらくぼ): 山形市平久保
■ 平塩村(ひらしおむら): 山形県寒河江市平塩。
■ 平清水(ひらしみず): 山形市平清水。平清水焼で有名。もとは阿古屋と呼ばれた。平清水の地名については、慈覚大師などにまつわる湧水伝説がある。
■ 平田町(ひらたまち): 山形県酒田市(旧平田町)。「ひら(傾斜地・崖)」+「た(場所を示す接尾語)」という地名。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
■ 深川(ふかがわ): 山形県東田川郡庄内町深川。深河とも書いた。地名は京田川の旧流が当地の側を流れており、舟つなぎ場が深い淵になっていたことに由来するという。【角川日本地名大辞典】
■ 吹浦(ふくら): 山形県飽海郡遊佐町吹浦。地名の由来は川や海に近い袋状の土地という意味により、布倉(ふくら)と同語である。【角川日本地名大辞典】
■ 双葉町(ふたばちょう): 山形市双葉町
■ 舟渡(ふなと): 山形県西置賜郡小国町舟渡。地名は渡船場があったことに由来するという。【角川日本地名大辞典】
■ 船町(ふなまち): 山形県山形市船町。付近の須川で慶長年間に最上義光が庄内との交通のため、山形の外港として船着き場を作ったのに由来する。
■ 古口(ふるくち): 最上郡戸沢村かつて、付近の山へ分け入る登山道があったことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 古槇(ふるまぎ): 西村山郡朝日町
■ 平足(へいそく): 山形県鶴岡市平足。沼の主を恐れて、音を立てないように歩いたことに由来する。
■ 宝沢(ほうざわ): 山形市大字上宝沢・下宝沢
■ 文下(ほおだし): 鶴岡市文下
■ 防原町(ぼうばらまち): 山形市防原町。坊原とも書き、古くは「坊の原」と呼び、蔵王権現への先達たちが住んだ。
■ 干布(ほしぬの): 山形県天童市干布。地名の由来は、慈覚大師が山寺立石寺(現山形市)開創の際、在家の者たちに麻の栽培と製織を伝えたという伝説にちなむ。【角川日本地名大辞典】
■ 穂積(ほづみ): 山形市穂積
■ 本町(ほんちょう): 山形市本町

★ 

■ 前明石(まえあかし): 山形市前明石
■ 前田(まえた): 山形市前田町(まえたまち)・山形県内の前田の地名
・ 江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽国村山郡にみられた村名。当初は最上氏領、元和8年からは山形藩領。【角川日本地名大辞典】
■ 間沢(まざわ): 山形県西村山郡西川町間沢。アイヌ語で「海に続く湖沼」「船の通る沢」のこと。
■ 升形(ますがた): 山形県新庄市升形。増形とも書いた。
・ 升形村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽(羽前)国最上郡にみられた村名。当初は最上氏領、元和8年からは新庄藩領。山形県新庄市升形前波(羽前前波駅)の前波は前並とも書いた。【角川日本地名大辞典】
■ 「松」の地名
■ 松栄(まつえい): 山形市松栄
■ 松波(まつなみ): 山形市松波
■ 松原(まつばら): 山形市松原
■ 松程(まつほど): 山形県西村山郡朝日町松程
■ 松山(まつやま): 酒田市(旧松山町)寛文4年、酒井忠恒が藩の繁栄を願って中村から改称した瑞祥地名。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
■ 馬見ケ崎(まみがさき): 山形市馬見ケ崎(平成9年頃の区画整理によりできた町。)。住所の「馬見ケ崎」の「ケ」は「ヶ」でなく大きな「ケ」なので注意。
■ 馬見ヶ崎川(まみがさきがわ): 山形市馬見ヶ崎川。古来より言われている馬見ヶ崎川の表記の「ヶ」は小さい「ヶ」のようです。
■ 真室川(まむろがわ): 山形県最上郡真室川町。信仰の山神室(かむろ)山から流れる川を意味する「神室川」が訛って「まむろ」になったとされる。
■ 三上(みかみ): 上山市三上。三関根の上に由来する。三関根は上、中、下関根村のこと。
■ 見崎河原(みさきがわら): 山形市。見崎の浄水場側。
■ 乱川(みだれがわ): 山形県天童市乱川
・ 反乱を起こしやすいことに由来する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 緑町(みどりちょう): 山形市緑町
■ 皆川(みながわ): 山形市の旧皆川は三十川(みながわ)とも書いた。
■ 南館(みなみだて): 山形市南館
■ 宮(みや): 山形県長井市宮。地名は下長井の総鎮守総宮神社が当地に鎮座することによる。また地内の字登城町には伊達政宗の重臣片倉小十郎の居館である卯花館があったと伝える。【角川日本地名大辞典】
■ 宮内(みやうち): 山形県南陽市宮内
・ 南陽市の熊野神社の神社領の土地を意味する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
■ 宮浦(みやうら): 山形市宮浦
■ 宮崎(みやざき): 山形県南陽市宮崎。南陽市宮内にある熊野神社の地崎に当たることに由来する。
■ 宮沢(みやざわ): 山形県鶴岡市宮沢。地名の由来は、「筆濃余理」によれば、往古椙尾神社の祭礼の時魚を奉納してきたことから宮沢といわれたという。【角川日本地名大辞典】
■ 宮宿(みやじゅく): 山形県西村山郡朝日町宮宿(朝日町の中心地)
■ 宮町(みやまち): 山形市宮町。両所宮に由来する。
■ 宮脇(みやのわき): 上山市宮脇(みやのわき)。八幡神社の脇の意味。
■ 妙見寺(みょうけんじ): 山形県山形市妙見寺。妙見とは北極星を神格化したものといわれ、妙見菩薩のこと。
・ 妙見寺村(みょうけんじむら): 山形県山形市妙見寺。江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽国(羽前国)村山郡にみられた村名。当初は最上氏領、元和8年山形藩領、明和元年幕府領、天保14年からは再び山形藩領。
■ 向町(むかいまち): 山形県最上郡最上町向町向町。向居町とも書いた。最上地方絹出(きぬで)川と最上小国(おぐに)川の合流点付近に位置する。絹出川の対岸には細川・小国両氏の居城であった岩部楯(現最上町大字本城)があり、地名はその対岸に城下町として形成されたことに由来する。【角川日本地名大辞典】
■ 睦合(むつあい):  山形県西村山郡西川町睦合。旧睦合村。合併に際して村の発展と幸福を願い「むつみあう」村としたという。
■ 村木沢(むらきざわ): 山形市
■ 最上川: 和名抄では、毛加美と書いた。陸奥国裳上郡との表記もある。
■ 母袋(もたい): 山形県尾花沢市母袋。河岸段丘に位置する小高い台地という意味。
■ 本合海(もとあいかい): 出羽国最上郡本合海村(山形県新庄市本合海)。かつては、元合海とも書いた。この地はかつては「合海」と呼ばれていたが、清水氏が当地の村民を清水(大蔵村清水)に移り住ませ、その地を「合海」と名付けたため、元合海と改名した。合海は最上川と新田野川の合流を表す。
■ 元木(もとき): 山形市元木。元木は本木と書いた。
■ 本屋敷 : 山形市
■ 門伝(もんでん): 山形市門伝。門伝は門田と書いた。

★ 

■ 谷柏(やがしわ): 山形市谷柏。源頼義の伝説に由来する。地名は、源頼義が当地に甲・箭を祀ったことに由来するという。戦国期には谷柏相模守の楯があったといわれる。【角川日本地名大辞典】
■ 薬師町(やくしまち): 山形市薬師町。5月初旬に行われる薬師町の植木市は有名。
■ 谷地(やち): 山形県西村山郡河北町谷地。旧小田島荘。
■ 谷地前(やちまえ): 山形市谷地前(山形市長谷堂から小滝街道を進んだ左手)
■ 山形市(やまがたし): 山形県山形市(県庁所在地)
■ 山寺(やまでら): 山形市山寺。風食によって怪奇な形状を呈する凝灰岩の山容は、古くから信仰の対象となり、貞観年間には慈覚大師が立石寺を開創した。立石寺は大師の入定窟をはじめ本堂・中堂・奥の院など多くの堂宇を擁し、東北の叡山と称される。当地は立石寺の門前町として発展し、地名は立石寺の通称名による。【角川日本地名大辞典】
■ 柳沢(やなぎさわ): 東村山郡中山町
■ 柳田 : 山形市
■ 山家町(やんべまち): 山形市山家町。南北朝期頃には南朝方の豪族で山家楯主山家信彦が当地に住した。山家氏は延文元年斯波兼頼の山形入部に対し、強硬な抵抗を示したが、南北朝合一後には足利幕府の家臣として兼頼が出羽守に、信彦は河内守に任ぜられたという。【角川日本地名大辞典】
■ 楪(ゆずりは):  山形県鶴岡市楪。添川城付近の杠葉台から移り住んだ人々によって開かれ、地名もこれに由来すると伝える。【角川日本地名大辞典】
・ 楪村: 江戸時代から明治時代中頃にかけて出羽(羽前)国櫛引郡(後に田川郡)にみられた村名。当初は上杉氏領、慶長6年最上氏領、元和8年からは庄内藩領。
■ 湯野沢(ゆのさわ): 山形県村山市湯野沢。近くの山中から湯(鉱泉)が湧出したことに由来する。
■ 吉野宿(よしのじゅく): 山形市
■ 米沢(よなざわ): 山形県寒河江市米沢(よなざ)。村山地方、寒河江(さがえ)川南部に位置する。平野(ひらの)山の北東麓に立地し、平安期の窯跡が残る。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 梨郷(りんごう): 山形県南陽市梨郷
・ 梨とは洋梨の産地からつけられた地名か。梨(り)を「りん」と読ませるのは苦しいが、「りごう」が訛ったものか。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】
※ さて、この地名がいるからあるのかが疑問。「洋梨」が伝えられたのはそう古い話ではないだろうから、それより昔からある地名なら「梨」とは無関係とも考えられる。

★ 

■ 和合(わごう): 山形県山形市和合町、山形県寒河江市慈恩寺和合、山形県上山市高松和合、 山形県東根市泉郷和合、山形県東根市泉郷和合向、山形県東根市東根甲和合、山形県尾花沢市荻袋和合、山形県西村山郡朝日町和合、山形県西村山郡朝日町和合平、山形県東置賜郡川西町玉庭上和合、
山形県東置賜郡川西町玉庭和合。
・ 旧和合村: 山形県西村山郡朝日町和合。和江・和郷とも書いた。
■ 割田 : 山形市

最終更新日 2017/04/26
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示統計表示