氏・姓・名字・苗字
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ はじめに

名字の由来をみると、多くは地名(東日本)や地形(西日本)であるが、これらの地名はどこからきたのか?ということが疑問だ。
 
それと、たとえば源〜が足利に住んで「足利氏」を名乗ったという歴史はあるが、それでは今まで足利に住んでいた人はどういったあだ名(あえて名字とは言わない)を名乗っていたのかという疑問がでてくる。そこで参考になるのがこの書である。

【新説 日本人の苗字とその起源 縄文人・弥生人のあだ名としての苗字】茂木和平監修 宮内則雄著 批評社

★ 氏・姓・名字・苗字

#  氏(うじ): 親族集団の総称で、代表的なものに「藤原氏」「源氏」「平氏」などがある。
・ 古代豪族は、「氏」と「姓」を持ち、庶民は支配者の「氏」に「部」をつけたものを「氏」としていた。たとえば、蘇我氏の部民の農民は「蘇我部某」といった。大化の改新後に部民が公民になったときに、彼らは従来の氏をそのまま踏襲することが多かった。【苗字の歴史 豊田武 吉川弘文館】

# 姓(かばね): 姓をカバネと呼ぶ場合、氏に付いてその職掌・家格や尊卑を表わす呼称。各氏族や個人に与えられた位で、朝臣(あそん)の「平朝臣清盛」などがある。
・ 姓(かばね)は当初1000以上あったが、後にはだいぶ減ってきた。

# 苗字(みょうじ): 厳密に言えば「苗字」の中で、領地由来のものを「名字」という。そういうことなのかなぁ?

# 名字(みょうじ)
・ 分家をしたりすると、氏以外の呼び名が必要となって生じた。これが、今でいう所の名字です。
※ このように、「姓」と「名字」は全く違うものですが、「名字」と「苗字」は厳密に言えば違うもののようですが、「≒」ということを前提にすれば、同じものと考えられます。
・ 例えば、現在で言えば、東京に住む「日本」さんに「一郎」「二郎」「三郎」の三人の息子がいる場合、長男の「一郎」は実家の本店を継いで「日本一郎」を名乗り、千葉の支店に赴任した次男の「二郎」は「千葉二郎」を名乗り、埼玉の支店に赴任した「三郎」は「埼玉三郎」を名乗ったみたいなもんで、この様に地名由来の名字も多く、どんどん名字が増えていった原因の一つでもあるようです。
・ 「氏」と「名字」の区別
蘇我入鹿(そがのいるか)。源頼朝(みなもとのよりとも)のように、「の」が入っている場合には「氏」。織田信長(おだのぶなが)、徳川家康(とくがわいえやす)のように「の」が入らない場合には「名字」となる。織田信長の氏は「平」、徳川家康の氏は「源」である。
・ 平安時代には朝廷の大多数が藤原氏となり、個々の家を区別するために「一条家」「二条家」などの屋号ができて、それが名字(苗字)の始まりとなった。姓は与えられたものだが、名字は自由に決められた。
・ 名字は、「名田の所有関係を明示した」という説と「字(あざな)から発達した」という説があり、阿部武彦氏の「氏姓」では「字(あざな)説」をとっている。しかし、「苗字の歴史 豊田武 吉川弘文館」では「はじめ字より起り、字のなかでも特に地名に基づくものが名字として多く求められるようになった。」としている。【苗字の歴史 豊田武 吉川弘文館】
・ 日本書紀には「名字(なあざな)」が出てくる。これは「名」+「字」。のちに「みょうじ」と読んだ。

【名】(みょう)
・ もとから荘園であったところも国衙領も荘園単位に区分されるようになった。そして荘園は有力農民、もしくは下層武士と呼ぶべき人たちが持つ「名(みょう)」という土地を寄せ集めた形となり、太閤検地までつづいた。
※ 「名代」っていうのはここからきたんでしょうねぇ。

# 弥生人が日本に渡来して苗字を名乗った。
  では縄文人は?あだ名はもっていた。それを苗字に置き換えた。

# 苗字は古代より私称されたもの。という文献もあり。

■ 氏・姓・名字・苗字、法的には何が正しいか?

【参考資料】 新説日本人の苗字とその起源 縄文人・弥生人のあだ名としての苗字 茂木和平監修 宮内則雄著 批評社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示