貴少姓・稀少姓・珍姓
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 貴少姓・稀少姓・珍姓

・ 貴少姓: 一つの家系に属する者だけが名乗る形で現在まで受け継がれている名字をいう。従って必ずしも少ないとは言えないが、まぁ一般的には少ないでしょうね。
・ 稀少姓: 貴少姓の家系の人が他の家系の人にその名字を与えるとそれは貴少姓では無く稀少姓となる。なぜなら、一つの家系だけに属するものでは無くなるからだ。
・ 珍姓(珍名): 珍名(ちんめい)とは、日本国内で誰が見ても「珍しい」と思う名字もあれば、その地域では当たり前だが他の地域に行くと「珍姓」として取り扱われるものもある。従って、数が少ないとは言えない場合もあるのだ。例えば山形県内では当たり前と思われる「東海林(とうかいりん)」。全国的には「しょうじ」読みが普通ですから、「東海林(とうかいりん)」さんは珍姓と言えるかもしれないです、でも山形県内に沢山いますから稀少姓ではないですね。また、「阿比留」なんかも全国的には珍しいですが、長崎県の対馬では一番多い名字ですからね。

・ 勘解由小路(かでのこうじ): 地方官を監督する勘解由使(かげゆし)という役所のそばの道沿いに屋敷があった。
・ 左衛門三郎(さえもんさぶろう): ある武家の三男が京に上って左衛門府という御所を守る役所の下級の武官を務めたことに由来する。
・ 宇治土公(うじとこ): 伊勢の猿田彦神社の神官が古代以来代々伝えた姓が名字(苗字)になった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 漢字三文字の名字 → 【詳細

★ 漢字四文字の名字 → 【詳細

・ 現存する漢字四文字の名字は約350と言われる。

★ 漢字五文字の名字

・ 左衛門三郎(さえもんさぶろう)
・ 勘解由小路(かでのこうじ)

★ 珍しい名字

# 為我井(ためがい): 
# 長命(ちょうめい)
# 時計(とけい)
# 左雨(さっさ)
# 美留町(びるまち): 

★ こんな名字はあるのかな?

・ 調べて見ました

★ こんな名字読めますか?

不来方、化野、公事、十里、方代、屯倉、円日、他戸、加百、半布、去来川、去返、市正、平社、本告、末包、生土、石大、光栄、任務、刑事、向南、壮士、回木、多毛、多数、安拝、安閑、安宿、宅部、早水口、曲直、米錦、肉食、芋毛、何森、何鹿、努力、君家、児松、床次、状書、歩田、李山、沙沢、私都、秀子、芳芳、谷谷、豆豆、使主、丁子、言語同断、安心院、麻績。

※ 私は、2つ〜3つは自信を持って、またいくつかは読めそうなのはありますが、ほとんど撃沈です。

回答はこちら

【参考資料】 
・ 日本の苗字(難読・珍姓・最多苗字 都道府県別ベスト10) 歴史読本
・ 名字のひみつ1 名字はどうやってつくられる? フレーベル館
・ 名字と日本人 先祖からのメッセージ 武光誠 文藝春秋社

詳細資料

最終更新日 2017/01/13

統計表示