ワードハンター
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ (あざな)

■ 県主(あがたぬし)

■ 秋津島(あきつしま)

■ 遊部(あそべ)

■ (あたい)

■ 斎女(いつきめ)

■ 一色(いっしき)

■ 一子相伝(いっしそうでん)の名字

■ 遺民(いみん)

■ (いん)

■ 氏・姓・名字・苗字

■ 蝦夷(えみし)

■ 大王(おおきみ)

■ 御子代、御名代

■ (おみ)

■ 使主(おみ)

■ 魁偉(かいい)

■ 過書・過所(かしょ・かそ)

■ 過書船・過所船(かしょぶね)

■ 姓(かばね) → 詳細

■ 仮冒(かぼう)

■ 元慶の乱(がんぎょうのらん)

■ 官符(かんぷ)

■ 漢風諡号(かんふうしごう)

■ 桓武平氏(かんむへいし):  → 詳細

■ 君・公(きみ)

■ 国巣(くず)

■ 国造(くにのみやつこ)

■ 公文田(くもんでん、くもで)

■ (ぐん・こおり)

■ 郡制(ぐんせい)

■ 佳字(けいじ)

■ 系図買い

■ 下向(げこう)

■ 源氏(げんじ)

■ 元服(げんぷく)

■ 源平藤橘(げんぺいとうきつ)

■ 庚午年籍(こうごねんじゃく)

■ (ごう・さと)

■ 郷士(ごうし)

■ 豪族(ごうぞく)

■ 交代寄合(こうたいよりあい)

■ 国衙(こくが)

■ 国字(こくじ): → 楽しい国字

■ 古事記と日本書紀

■ 五色の賤

■ 戸籍(こせき)

■ 五部制(ごぶせい)

■ 在家(ざいけ)

■ 在庁官人(ざいちょうかんじん)

■ 左衛門尉(さえもんのじょう)

■ 出典(さかん)

■ 鎖国(さこく)

■ 申楽(さるがく)

■ 三管領(さんかんれい)

■ 三斎市(さんさいいち)

■ 地下・凡下(じげ・ぼんげ)

■ 諡号(しごう)

■ 氏姓制度(しせいせいど)

■ 氏族(しぞく・うじぞく)

■ 執権(しっけん)

■ 地頭(じとう)

■ 社家(しゃけ)

■ 守護(しゅご)

■ 守護代(しゅごだい)

■ 出自(しゅつじ)

■ 荘園(しょうえん)

■ 上代(じょうだい)

■ 常用漢字

■ 条里制(じょうりせい)

■ 庶子(しょし)

■ 庶流(しょりゅう)

■ 臣籍降下(しんせきこうか)

■ 新撰姓氏録

■ 新田(しんでん)

■ 人名用漢字

■ 瑞祥地名(ずいしょうちめい)

■ 宿禰(すくね)

■ 辻子(ずし): 「辻子」とは、町通りでない道。横丁や裏道。

■ 受領(ずりょう)

■ 成敗と征伐

■ 清和源氏(せいわげんじ)

■ 前九年の役(合戦): 陸奥国奥六郡の郡司の安倍頼良と陸奥守の藤原登任(なりとう)の激突。

■ 壮士(そうし)

■ 雑色(ぞうしき)

■ (そち)

■ (だい)

■ 大麻(たいま): 伊勢神宮のお札は「大麻」っていうのか?「なぜ、地形と地理がわかると 江戸時代がこんなに面白くなるのか 大石学 洋泉社」に書いてあったのだが。

■ 当今(たうぎん)

■ 太宰府(だざいふ)

■ 通字(つうじ)

■ 土蜘蛛(つちぐも)

■ 天孫降臨(てんそんこうりん)

■ 天人感応説(てんにんかんのうせつ):  「全ての天災は為政者の不徳による」という考え方。古代の日本ではこういった考え方があった。

■ (とう)

■ 東急本

■ 百目鬼伝説(どどめき、どうめきでんせつ)

■ 舎人(とねり)

■ 伴造(とものみやつこ)

■ 二字佳名の詔

■ 野宮(ののみや): 斎王が伊勢に下る前に、斎戒沐浴のために籠もる建物で、黒木(皮のついた木)で造られ、黒木の鳥居があった。

■ 博士(はかせ): 古代の宮廷において、天皇に勉強を教える第一級の御用学者を「博士」と呼んだ。「博士」=「博(広い)+士(すぐれた人)」。ちなみに菅原道真は「文章(もんじょう)博士」をつとめた。

■ 柱(はしら): 神の数え方。神は神聖な柱に依りつくと信じられた信仰に基づく。
※ 遺骨収集等で「〜柱」などという記憶があるが、この流れかな?

■ 版籍(はんせき)
・ 版は領地、籍は領民。版籍奉還。 
・ 明治維新、喜連川藩は版籍を日光県に引き渡した。

■ 板東平氏(ばんどうへいし)

■ 被官(ひかん)

■ 比定(ひてい)

■ 悲田処(ひでんしょ): 旅人を救済する施設。

■ 付会(ふかい)

■ 藤原氏(ふじわらし)

■ 風土記(ふどき)

■ 別所(べっしょ)

■ 別当(べっとう)

■ 別名制(べつみょうせい)

■ 部民制(べみんせい)

■ (ほ・ほう)

■ 榜示(ほうじ・ぼうじ): 境界の目印の意味。

■ 蛍大名: 女性のおかげで大名になれたもの。

■ 掘ノ内: 城郭の郭内を、中世には「掘ノ内」と呼び、江戸時代の前期からは「丸の内」と呼んだ。

■ 本貫(ほんかん・ほんがん)

■ (まき)

■ 間切(まぎり)

■ 町と村: 今は人口が多いと町ですが、昔は商業の中心地は町、農漁業の中心地が「村」だった。

■ 末裔(まつえい)

■ 御厨(みくりや)

■ 御正作(みそさく?): 中世の領主や地頭の直営田のこと。

■ 見附(みつけ)

■ みなと: 「港」と「湊」: どちらも「みなと」だが、「港」はどちらかというと「海」を意味し、「湊」はどちらかというと「陸(街)」を意味する。

■ 造(みやっこ): 国を治める国造(くにみやっこ)と部民を治める伴造(とものみやっこ)がある。

■ (みょう)

■ 苗字(みょうじ)

■ 名田(みょうでん)

■ 名簿捧呈(みょうぶのほうてい): → 詳細

■ 無足御家人: 鎌倉時代に、「土地を失った御家人」のこと。無足御家人は悪党とも呼ばれ、山賊などになった。

■ 陸奥国修理府: 869年の貞観地震の後に国が多賀城の再建のために設置。今の復興庁みたいなもんか?

■ (むら)

■ (むらじ)

■ 明治新姓(めいじしんせい)

■ 森岡浩(もりおかひろし)
・ 姓氏研究家。【姓氏研究家の森岡浩公式サイト
・ このサイトの作成においても、森岡先生の書籍などを参考にさせていただいています。

■ 家号(やごう)

■ 日本武尊(やまとたけるのみこと)

■ 大和めきたる名字の禁止令

■ (ゆう・むら)

■ 猶子(ゆうし)

■ 幽霊名字(ゆうれいみょうじ)

■ (よ)

■ 要害(ようがい): 仙台藩の重臣達のミニ城下町。岩手県の水沢などが代表的。

■ 遥任

■ 横目(よこめ)

■ 与人(よにん)

■ 里(り・さと): 律令制の地方行政区画の一つで、715年の郷里(ごうり)制の施行により「郷」へ変化した。

■ 律令制での行政区画: 国 > 郡 > 郷・里 (例:下野国都賀郡板橋郷)

■ 連濁: 単語を組み合わせて複合語になった場合、後半の単語の先頭が濁ることがあるということ。【詳細

■ 倭人(わじん)

■ 倭の五王

■ 和名抄(わみょうしょう)

★ 参考資料

・ コトバンク: http://kotobank.jp/
・ Wikipedia: http://ja.wikipedia.org/wiki/
最終更新日 2017/02/14

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示